3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 車庫(ガレージ)の扉/シャッターの取っ手を交換修理

<<   作成日時 : 2010/11/12 19:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0




少しの加工で取っ手を交換 (ガレージのシャッター)
取っ手(手掛け)の交換修理


車庫(ガレージ)の取っ手(手掛け)を
交換修理しました
メーカ違いのため 少し加工しました が
取り付け出来ました
以前から 気になっていた案件です


【 まえがき 】
ガレージの手動シャッターには、開け閉めの取ってがあります
2個とも 取っての上部部分が
欠けてしまい 扉を開けるとき 手が痛くなります

怪我をしてもいけないと判断して
幾つか 対策しましたが NG でした

あきらめていましたが

たまたま 投稿ホームページを見まして サービスパーツがあることを
知りました



【 交換修理  】

【 取っ手 】
画像


交換部品は、三和シヤッター工業株式会社製の“取っ手”(手掛り)です

外形寸法;        85*27
取り付け枠寸法
(シャッターの穴寸法); 78*21






【 寸法測定 】

 修理する“取っ手”の寸法を測定します(シャッターメーカが違うため)

測定結果
  • 前面枠------------------ 85*27 ミリ

  • 挿入部寸法(後面)-------- 77.5*20.5 ミリ

取り付け穴(シャッターの穴寸法)が推定できます

結果; サービスパーツ寸法と ほぼ 同一である
画像画像




サービスパーツの入手について
【 問合せから入手まで 】

  1. 会社名とサービスパーツの有無をお客様相談センター へ メールで確認

  2. フりーダイアルで依頼

  3. 地域営業所から手配の確認TELがあり
その後 部品が届きました(合計 4日間)




【 現状把握 】

  • “取っ手” (入手した“取っ手”から)
    • ストッパー構造が違う

    • 寸法関係を推定する
      (取り付け寸法 と “取っ手”挿入部 ・ 爪寸法)

  • 取り付け枠  (修理する シャッターの穴寸法)
    1. 取り付け穴は、 バリ(エッジの出っ張り)がある

    2. 取り付け寸法が少し小さい
      横幅78ミリに対し  77.5ミリ⇒   0.5ミリ狭い
      “取っ手”の現品は、  77.8ミリ
      *横方向は、現品が入らない寸法

    3. 寸法が、部分的に バラツキあり
      たて寸法 中央部と両サイドでは、  0.3ミリ 違う
      たて寸法  21ミリ に対し   20.7ミリ
      “取っ手”の現品は、  20ミリ
      *縦方向は、現品は、入るが バラツキある寸法

    4. (穴の)枠が変形している





【 “取っ手”の対応 】

シャッターへ取り付けるとき ストッパー(爪)の位置を考慮して 装着する
  1. 横の爪側を先に挿入する

  2. 下(上)の爪を装着する

  3. 最後に上(下)を挿入する  順序と 思います

【 “取っ手” が装着 し難いとき 】
“取っ手”を前面から押す
又は、シャッターの裏から “取っ手”の 上下を凹ませながら 引きます
最後に “パチン”と 溝に落ちる 音がします





【 寸法関係の推定 】
現品の寸法を測定して 全体の寸法関係を推定する(高さ寸法)

  • 穴寸法(高さ);          21.0ミリ

  • “取っ手”高さ(後部);       20.0ミリ

  • “取っ手” 爪間の高さ(A);    22.0ミリ

  • “取っ手”の“凹ませ”寸法(B);  21.0ミリ以下まで 力を加える


画像

“取っ手”の“凹ませ”寸法とは、

“取っ手”を“ 指の力で凹ませ 
爪の高さを 21ミリ(B)以下
にして 装着する


“取っ手”の 着脱は、このようにする

(メーカのシャッターであれば “取っ手”の着脱が 出来そうです)



【 取り付け枠の対応 】

  • バリがあるかチェックして あれば バリ取する

  • 推奨 取り付け寸法 まで ヤスリ で削る
    削り寸法を チェックする (上・中・下 左・中央・右)

    (これを繰り返して 推奨寸法までおこなう
    又は、現品を入れながら“アタリ”を確認する)

  • 枠の変形は、取っ手を接触する部分を凹ませる
    (シャッターの裏側方向へ曲げる)

ヤスリで削った場合は、錆び止め対策をお勧めします(案)


画像画像


【 加工の微調整 】
最終段階では、微調整をしました

  • 取り付け枠(上下の爪部分)を 削る ----------0・1ミリ

  • “取っ手”の爪高さ(樹脂) 上下を 削る --------0.1ミリ
    (“取っ手”の 爪間の寸法;----22.0⇒21.8ミリ)




中途半端の取り付けで
【 “取っ手”が外れ難い場合 】
一度 “取っ手”を装着して 再度 取り外そうとしたら 外れ難い場合
     完全に装着されていないときです
(破壊するかも知れません 自己責任でお願いします)

画像



マイナスドライバー(4ミリ)の先を
“取っ手の爪に充て
 
頭(K)を軽く タタく(数回)

徐々に 抜けていきます








【 原因推定  】
“取っ手”破壊 の原因推定

日中は温度が上がり 夜は、温度が下がる
経年変化すると 樹脂の可塑剤が減ってくる
このため 衝撃の耐久性が 劣ってきて
 割れやすくなる と 思います

画像

“取っ手”の欠けた部分を見る

  • 上側だけ 欠けている(2個とも同じ)

  • シャッターを開けるときの力で欠ける

  • 対策は、“取っ手”の上部・中央 へ アテモノを付ける(案)

少しは、“取っ手”が欠けにくくなり 長期間 持つと思います



聞き間違いがあるかもしれません
メーカへ直接 ご確認ねがいます
【 “取っ手” 情報  】
三和シヤッター工業株式会社への 問い合わせ情報です

  • “取っ手”の種類は、2種類
    色は、3色、   @ベージュAライトグレーBホワイト

  • 今回注文した部品(大きい方?)
    サイズ   85×27
    シャッターの穴のサイズは  78×21

  • 部品価格は税込みで  515円/個
    (2010年11月5日現在)

  • その他
    三和シャッター製は、鍵 でメーカ名が識別できる そうです

  • ご注文のフリーダイアル:0120−3030−17

(最終 手続きは、地域担当の営業会社? となります)
在庫なしでも1週間?
ただし 地域によります



【 あとがき 】
  • 家周りの修理は、いつも
    保守部品(サービス パーツ)を探すのに 頭を痛めます

    今回ほど 上手くいった経験は、 初めてです
    三和シヤッター様 ありがとうございました

  • シャッターの開け閉めは、10回以上/1日
    ガレージの中に自転車が あるためです

  • 以前から 対策を考えており また 実施もしましたが
    上手い案が ありませんでした

  • 素人でも 修理は、2時間弱で できました
    慣れた人では、1時間も かからない と 思います

  • シャッターのメーカ名は、家の購入仕様書や現物にも記載されておらず
    対策処置に 困っていたところです




●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車庫(ガレージ)の扉/シャッターの取っ手を交換修理 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる