3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 有線ルータの分解

<<   作成日時 : 2012/11/30 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



有線ルータ(CG−BARGX)の分解



有線ルータCG−BARGXを分解しました

特殊ドライバーが必要ですが分解は簡単です



有線ルータが壊れ

廃棄前に構造を知りたく 分解してみました




【 分解 】
不具合になった有線ルータの概要
  1. メーカ;コレガ
  2. 品番;CG−BARGX
  3. 購入年月;2010年 1月 20日
  4. 不具合内容;初期化できない(購入時の状態に戻せない)
         2年以内で壊れた電子機器の分解
★1
画像


外観


本体と外部電源
★2
画像


分解


脚のキャップを外す
キャップの突起部分を
指のツメで交互に 少しづつ剥がし(動かし)ます


特殊ビスを外す
キャップの下にビスがあります
 (特殊ドライバーは下の写真を参照)
★3
画像


上ケースを外す


部品面はこの状態で見れます
★4

画像


基板を外す
半田面を見るには下ケースと分離します


基板の裏側です


以上で 分解は、完了です
★5
画像


使用工具


特殊ドライバー(トルクスドライバー)
一組




【 チェック内容 】
分解後の内部をチェックした内容
  1. 半田付け⇒下へ記載
  2. 電解コンデンサの変化の有無⇒なし
  3. 回路電源電圧⇒正規電圧が不明(3.3V/1.5V?/1.0V?)
  4. 異物付着の有無⇒清掃

    水晶ユニットの“直半田付け”工法は、考え物です
    このため これ以上 点検なしで 廃棄します
    画像



メーカの取扱説明書のとおり操作しても
 初期化できないことは、壊れていると判断します





【 ひとりごと 】
  1. 内部は、キレイに出来ています
    ナゼ動作しないのか わかりません

  2. 電子機器製品で短期間に壊れた経験は、初めてでした
    家電製品でしたら 多数のクレーム発生で“リワーク”と思います
    (IT産業は、恵まれていると思います)

  3. 壊れはじめの現象は、断続的に回線が切れ始め 数時間後全く通信出来なくなりました




●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有線ルータの分解 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる