3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS LANケーブルを室内ドア(開き戸)の隙間に通す

<<   作成日時 : 2013/03/27 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0



LANケーブルを室内ドア(開き戸)の隙間に通す



ドアの隙間へLANケーブルを通してみました

隙間寸法を測定したら 推定以上に隙間が有り
LANケーブルが簡単に通りました



【 ひとこと 】
無線LANを使用して 不安定な感度や 受信し難い部屋で
PCゲームを楽しむ方 安定した速い速度を望んでる方など

有線LANを考えているかた向けです 特に
有線LANの 配線課題の一つである ドアにLANケーブルを通す事例です
困っている人向けで 参考になればと思います




【ドアの隙間へLANケーブルを取付ける】自己責任でお願いします
実際の加工・取付けまでには、幾つかの準備をお勧めします

加工までのステップ
  1. ドアの隙間寸法を調べる
  2. LANケーブル形状でフラットケーブルの入手を調べる
  3. ドアのどの部分へ通すか位置を決める
  4. 加工前に仮の接続で性能をチェックしておく
  5. LANケーブルの取付け・ドアの加工
★1
画像
室外側から撮影

LANケーブルを通したドアです
(室外側から撮影)

 ドアの上部・右側で
 回転軸に近い場所です


ドアの枠は、木製で
このため加工は比較的 簡単です
★2
画像
室内側から撮影

反対側から見たドアの隙間
(室内側から撮影)


★3
画像
“隙間ゲージ”に使用したドライバー

隙間を測定する冶具(代用物)を見つける
(“隙間ゲージ”を作る)

どのようなものでも 良いです
厚さを把握したもので 隙間の寸法を測ります


ここでは、 “隙間ゲージ”は、ドライバーの太さを利用します

写真は精密ドライバーです
太さが2.0・2.4・3.0ミリです
(商品に記載あり・ノギスでも確認済)




このドライバーをドアの隙間に入れて測定します

★4
画像
前後方向の測定

画像
上下・左右方向の測定

測定の準備

厚さを把握できたものを準備する
・LAN ケーブルと同じ厚さ
・LANケーブル厚さ+余裕(1ミリ)の厚さ


測定する
・ドアの前後方向の隙間をチェックする
・ドアの上下左右方向の隙間をチェックする
(実際にドアを開閉させて寸法の変化も確認する)

★5
画像
ドアー上部の0・5ミリ凹凸

測定結果

  1. 上下左右の(枠方向)全て;2.0ミリ以上

    上部の隅を除き 2.4ミリ以上

  2. 上下左右の(前後方向)全て;2.4ミリ以上
    (ノブ部分はドアの開閉時扉がアタル)

  3. 丸印部は、0・5ミリ凹凸がある

の隙間を確認しました
★6
画像
使用したLANケーブル

使用したLANケーブル

  • 手元在庫品
  • 周辺機器の付属品
  • 速度ランクは不明
  • 厚さ;1.5ミリ
  • 幅 ;6ミリ
  • 長さ;1メートル
    ドアとのアタリなどで
    ケーブルが破壊したとき 交換が容易な長さ

★7
画像


LANケーブルを通す位置を決める

  • 隙間と余裕があること
  • 作業が し易い位置であること
  • 工事後 配線がジャマにならないこと
     ドアー上側の作業は、作業位置の目線が高いため少し困難です

★8
画像
写真8−3@ 枠上部のイラスト


画像
写真8−3A矢印部を“金づち”で叩く


画像
写真8−3B

LANケーブルの取付け・ドアの加工

  1. (室内側)“絶縁ステップル”でLANケーブルを固定します(写真8−3@)
  2. LANケーブルは、絶縁ステップルの内側へいれます(図-1)

  3. LANケーブルは、動かないようにセロテープで仮止めする(図-1・A)
  4. 絶縁ステップルを打ち込みます
    場所は、下孔を開けると容易にできます(図-1・B)
    (下孔は、キリを使用)

  5. “ラジオペンチ”で絶縁ステップルを掴んで “金づち”で“ラジオペンチ”へ打ちます(矢印部)(写真8−3A)
    (誤ってケーブルを傷めないため)

  6. 絶縁ステップルは、最後まで打ち込まないこと
    ケーブル間と少し隙間を作ります
    (ステップルの取外しを考慮)

  7. (室外側)絶縁ステップルを打つ
  8. 必要と思われるところへ絶縁ステップルを打つ(写真8−3B)

★9
画像
ピン針の加工

細いステップルを作る


ピン針(0.8φ・28ミリ)を加工する

・ピン釘の片側を斜めにカットする
・次に折り曲げる

★10
画像
LANケーブルをステップルで固定

作成したステップルでケーブルを固定する


(絶縁ステップルと比較してください)
★11
画像
LANケーブルを両面テープで固定

両面テープでケーブルを固定する
(図-4断面図 G)


LANケーブルが動くとき
ケーブルと枠間に両面テープで固定する
(固定方法はどんな方法でもOKです)
★12
画像
ドア・枠の加工

未実施ですがこのブログで考えていたこと


ドア・枠の加工
 木製を削る身の回り工具は
 ・ヤスリ・彫刻刀を考えていました

@枠の角でLANケーブルが膨らむ時
不都合があれば “枠の角”を削る
(図-3;D)
Aドアの隙間不足のとき“溝”を作る
深さ1ミリ程度ならば削れる?(図-4;F)

★13
画像
ケーブルの保護

未実施ですがこのブログで考えていたこと



ドアの開閉時に ドアとケーブルがアタるとき
ケーブルを傷めない方法

ケーブルの両側に当て物を配置する
(ケーブル厚さ同等以上)




【 準備したもの  】
準備した材料と工具を紹介します

材料
  • 薄いLANケーブル
    画像
    手元在庫は2種類  右側を使用

  • 絶縁ステップル(必要数);LANケーブル保持用
  • ピン釘(必要数);LANケーブル保持用
    代用品は、
    ・安全ピンを加工する(未確認です)
  • 両面テープ;LANケーブル固定用
  • セロテープ;ケーブル仮止め用

工具
  • 金づち;絶縁ステップルを打ち込み用
  • キリ(錐);絶縁ステップルを打ち込み易くするため 下穴を開ける。
    代用品(未確認です)は、次の方法です
    ・釘の長いもので下穴を作る(少し打ち込み後抜く)
    ・木ねじで下穴を作る(少し入れて抜く)

    画像
  • ラジオペンチ
    ・間接的に絶縁ステップルを打ち易くするもの
    ・ピン針を斜めにカット・折り曲げをする
  • 精密ドライバー;“隙間ゲージ”用



その他;家庭のLANケーブル接続に必要と思われるもの
  • LANケーブル延長コネクタ(2個)
    画像画像
  • フック;ドアの上部へ取付けてケーブルとドアの接触を防ぐ






【 いろいろ 】
  1. ドアを削る予定でLANケーブルを取付け始めました が
    結果 思っていた以上の隙間があったため ブログ内容になりました


  2. TVの配線工事店や会社で LANケーブル工事を請け負いするところがあります
    相談をお勧めします

    一部屋 2万円ぐらいかもしれません
    家族数とネットの使用頻度によりますが 通信品質は、圧倒的に良いと判断します


●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LANケーブルを室内ドア(開き戸)の隙間に通す 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる