3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS ボタンを強く押しても効かない、iDVRレコーダーVDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)の分解

<<   作成日時 : 2015/09/16 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



iDVRレコーダーVDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)の分解



ボタンを強く押しても効かなくなった
地デジTV用HDD録画機VDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)は

傷つけないで分解するのが 難しいリモコンです




 ちょこっと 
身の回り品で 簡単な 小道具作りから 始めます


次のサイトを参考に分解しています
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201212/article_5.html



 なかみ 
分解は自己責任でお願いします
リモコンの上下ケースは密着して 隙間がありません

 分解するのが難しいリモコンで 小道具が必要です?



リモコンの分解

  1. 分解 の条件
    • キズを出来るだけつけない
    • 手元の道具を使う
  2. 不具合現象
    • 録画削除用ボタン「赤」が効かない (ボタンを強く押しても効かなくなった)
    • 「30秒スキップ」ボタンが効かない (ボタンを強く押しても効かなくなった)

      レコーダは本体で操作出来ない設計
      (リモコン不良は ⇒ レコーダ故障となる)

      発見日;2015年7月
  3. 機器名
    • 地デジ用
    • iVDRレコーダー/日立マクセル製
    • VDR-R2000のリモコン
    • 現品表示;RC-R2(取扱説明書では記載なし)
    • 購入日;2013年2月
  4. リモコン構造の特徴
    • (上)表示盤と (底)ケースの勘合が密着して隙間がない
    • 爪の数が多い(L・R側;各6箇所、頭側・脚側;各2箇所)
    • 特に4隅は爪の配置距離が短い
    • 爪の高さは低い
  5. 分解順序
    1. 小道具を準備する(そして加工する)
    2. 電池を外す
    3. ケースの爪を外す (左側⇒右側⇒脚側⇒頭側)
    4. (上)文字盤を (下)ケースから分離する
    5. ビスを外す
    6. 基板を外す

★1 外観

画像


リモコン形状です

・角のデザインに特徴があります
・面は内側に少し凹んでいます
★2 小道具
    いろいろなものが利用できます

画像


目的はケースを外すためです
・ 上下ケース間の隙間に入れる
・ 勘合している爪を外す



  • カード (厚い薄いのいろいろ,C1・C2)
    不要のカードが 手元にないため未実施
    お勧めと思います

  • 食パン袋留め具(バッグクロージャー、A)
    ここでは仮名称“道具パン”とする

    指先の力が必要
    多数 手元にない

  • ヨーグルトのケース(D1)
    力は伝えやすいが変形しやすい
  • スプーン(D2)
    力は伝えやすいが割れやすい
  • わからん手元品(B)
    手元材料で作る (厚さがあり大きい=丈夫で力が入る)
    断面の赤色は 徐々に薄くするための加工 目印



薄いカードを除き “厚み”を加工する
★3 爪の位置

画像


爪の位置・数は分解の参考にして下さい


〜〜〜爪の数〜〜〜
・左側(6こ),右側(6こ),脚側(2こ),頭側(2こ)
・対照的に配置されてる(写真A)


〜〜〜隅の位置〜〜〜
(左写真B)を参照


〜〜〜深さの位置〜〜〜
“道具パン”の差込の高さで知る(左写真C)

a;半分 爪にあたっている
b;爪にあたっている高さ
c;(爪が外れて)ケースにあたっている高さ
★4 開き方の豆情報

画像


  • リモコンの文字盤は内側に反っています
    (写真A)

  • 爪を外すと文字盤を平坦にできます
    (上方向に 文字盤を引いたとき)

  • 下ケースは横方向に少し“歪ませ”やすい
       左右の壁が拡がる方向
    枠でないため少しの変形ができる
    (“t” の隙間がある 写真C)


黄色矢印は爪の位置です

部位説明; 頭側とは;電源ボタン側、 脚側とは;ロゴ側 とします

★5 開き方のポイント


画像



〜〜〜左側・右側〜〜〜
  • “道具パン”を勘合部へ挿入
    矢印部分から挿入する(写真A)

  • 道具パンの持つ位置
      出来るだけ下側を持つ
    隙間への差込時、“道具パン”を折りました
    隙間への差込時、“道具パン”を曲げました


  • 爪外しは
    “道具パン”を下方向に強く押し込む
    爪が外れないとき
     下ケースを開く方向にも 力を加える


〜〜〜頭側と脚側〜〜〜
(ここでは 例として 頭側の爪を外します)
  1. リモコン左側へ“道具パン”を挿入する
  2. “道具パン”を頭側へスライドする
  3. “道具パン”を下方向に強く押し込む
    爪が外れた画像(写真B)
  4. (“道具パン”を外したとき)(写真C)

  5. (頭側に隙間が出来ます)⇒
    その隙間に道具パンを差し込む⇒
    スライドさせる⇒
    頭側の爪が外れる
    爪が外れないとき
     下ケースを開く方向にも 力を加える


    スライド作業はユックリ行う⇒道具パンが外れやすい
  6. 脚側も同じ方法で外れます(確認済み)

★6 初めての分解作業


このブログで最初に開けた方法です
(NG作業があります)

画像

 

画像



(★5写真A)
・リモコン左側に“道具パン”を差し込む
 左側の方が隙間有り(○印)
 道具パンが差し込めた確率;3/10回


・2回目以降の開封で
“道具パン”を差し込む位置はボタン部分から挿入(矢印)ボタンの変形に注意
6-1 “道具パン”を差し込む(写真A) 
  1. 左側に“道具パン”を差し込む
  2. “道具パン”を2枚差し込む
  3. 1枚は頭側(左上)、1枚は脚側(左下)へ スライドさせる
    スライド作業はユックリ行う⇒外しやすいです
  4. 3枚目を差し込み 爪を外す(6箇所)

“道具パン”1枚より多数は作業が楽?お好みで
6-2 “道具パン”をシートに変える(写真B)
・シートを差し込む
  誤って 爪が元に戻らない対策
   (慣れたら不要な作業?)

小道具を 多数 組み合わせ 爪を外してください

6-3 右側の爪も外す(写真C)
・右側に“道具パン”を差し込む
・爪を6箇所外す

左右の爪が全部外れたとき
表示盤を少しでも 上へ引き上げる

6-4 脚側の爪を外す
・脚側の隙間に“道具パン”を差し込む
・スライドさせて 爪を外す
・(出来ないとき)
 裏に返して孔にドライバーを入れて押す
 (写真D)
・爪を外す
6-5 脚側の爪を外す(写真E)
  • ドライバーを入れ押したとき
     隙間が出来るので“道具パン”を差し込む
  • “道具パン”をスライドさせて爪を外す
  • 外れないとき
    内部の隙間にドライバー入れて開ける(内部に傷が付く)
6-6  頭側の爪を外す(写真F)⇒この方法はNGです
・表示盤の脚部を左右に振らしながら外す
・外れないとき強めに外す

2回目、爪の一部を欠く
★7 基板を分解する
画像


〜〜ビスを外し基板を分離〜〜


・精密ドライバー“+” でビスを外す

・基板が外せ 修理が出来ます
★8 次回、開封時の準備

画像


〜〜再度の分解を容易にするため〜〜


下ケースを削る(隙間を作る 頭側・脚側)
リモコン下ケースを加工して(写真○印)
小道具が入りやすいようにする


2回目分解時 頭側の爪を半分欠きました
その対策です

★9 小道具作成(加工)

画像

食パン袋留め具(=道具パン)右 断面図

小道具の加工

・隙間へ挿入する部分を薄くする
・カッターナイフでカットする

・薄くする部分が広い と変形しやすい
・薄くしないと 挿入しづらい (相反する)
   (角度は試して見つける=カット&トライ)



VDR-R2000リモコンの内部観察と処置 ブログ; http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_1.html
リモコンの内部をもっと比較; http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_2.htm




 気が付きいろいろ 
  • メーカのオンラインストアでリモコン購入金額を見ました (¥3000円/登録時)

  • 時々 作業後 小さな破片を見つけます(2回)
    どこか 壊しています

  • リモコン設定がリセットされます
    再度設定をお忘れなく

  • 作業が 上手く出来ないとき 不要な力が入ります ボタンに注意

  • 分解後 再組み立で 不具合が起こったこと(再々組み立てで自然に直った)
    ・乾電池が入らなかった
    ・十字キーと周辺キーの クリック感が 全くなかった





 思ったこと 

  1. 地デジ放送開始後 購入したものです 故障するのが早いと感じ
    これから もっと出てくると予感します

  2. リモコン操作後 本体側の受信時ランプが点滅しないため
    リモコンから信号が出ていないと 判断します




●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボタンを強く押しても効かない、iDVRレコーダーVDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)の分解 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる