3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS ボタンを押して反応するTVと反応しなくなった録画機 リモコンの内部構造をもっと比較

<<   作成日時 : 2015/10/12 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



ボタンを押して反応する・反応しない リモコン の内部をもっと比較



同一環境下で使用していたリモコンで ボタンを押したら
反応する(TV;TH-L32C3)・反応しない(レコーダ;VDR-R2000)
リモコンを見比べる



2ツのリモコンで 違うのは何処か と探します



目視比較
同じ部屋で2つのリモコン使用しているが、その内部に水分が認められた
その 違うリモコンを “もっと”目視で比較してみた 


実際に、リモコンを見て 判断できる相違点
  1. ボタンの表面処理が違う
  2. 接点形状が違う
  3. 接点の周辺の壁=通気“講”の数・深さなどが違う
  4. 密閉度の電池ケースの長さが違う
  5. 上下ケースの合わせ位置と隙間が違う

素人の思ったことです。 次回対策するときの忘れ防止 で書いています


★1 TVリモコン
 3年間 動作正常
画像

画像


TVリモコン(画像上)



・ボタン表面の色合い(汚れ具合に見える)


ボタン表面の色合い(画像中)

  1. 4・5・7・8ボタンは白く見える
  2. 6・9は半分白い
  3. 1・2・3・10は角が白い
  4. ボタンの側面は全て灰色


ボタンの水分(画像下)

・ボタンの“色合い”に対応して
 ラバー接点の水分量が比例している



ボタンの表面処理が剥がれつつある
と推定する
★2 録画機リモコン

2年間で特定ボタンに反応がなくなった
画像

画像


2-1 ラバー接点(頭側 写真A)

  1. 水分はない
  2. 少しテカリがあるのはTVチャンネル
    (録画関係ボタンより使用頻度は多い)
    (3・10・11・12ボタンのテカリはない)

  3. 通気用の溝は上下2箇所で浅い


2-2 ラバー接点(中央部 B)

  1. 水分はない
  2. 十字選択ボタン周辺はテカリがない


2-3 ラバー接点(脚側 C)

  1. 接点形状は頭側と同じ
  2. 全面的に水分がある
  3. 見え方が縞模様は水分が少ない?
    面全体が接点(TVリモコンと同じ形状)
  4. 全く使用していないボタンも水分がある
    (青・緑・黄色ボタン・データ・早戻し・字幕ボタンなど)
  5. この状態で “赤”・“30秒スキップ” ボタンが反応しない

  6. 通気用の溝は上下2箇所で浅い
    最下部ボタンの溝は1箇所


2-4 ラバー接点(脚側の表面 D)
  1. 上画像と対応しているボタン

    表面処理の有無は判断できない
    中央ボタン列の生地は青色
     (水分への影響度は不明)



水分の拡大写真(光源角度を変える)
画像

画像

★3 ケースの隙間
画像


上下ケースの合わせ位置

TVリモコン;  側面
録画機リモコン; 表面

  (分解は、隙間がないため容易でない)



隙間の簡易テスト(感覚判断)

“上下ケースの合わせ”へ口から息を吹き込み
 抜け具合を はかる

結果;空気移動は少ない
(密閉度は大差ない)


★4 ボタンの高さ
画像



TVリモコンが少し高い


TVボタンは水分が浸透し難い?(比較論)

★5 電池蓋の大きさ
画像


(内外の空気移動は
  ケース隙間より僅かに大きいと思われる)


  1. 蓋の長さが異なる
    TVリモコンが長い

  2. TVリモコンの電池は基板にあたっている
       (影響は不明)


    リモコン優位差 なし?


★6 脚側と頭側の違い(基板の止め方)
画像


“位置決め”側の基板とラバーシート写真A

ボタンを押したとき基板が浮き 隙間が出来る
横から空気が入り込める




“ビス留め”側の基板とラバーシート写真B

ボタンを押したとき同時に動く
★7 基板中央部
画像


・基板に孔がある

基板に穴が開いているため 空気が出入りできる


(接点構造も違う)
★8 結露になり易い部分
画像


温度傾斜が大きい部分
  (結露が出来やすい?)


ラバーシートの厚さが薄い部分は
ボタンを押したとき、ラバーシートが変形するところ


ラバーシートを“光”源に向けると 薄い部分がハッキリ見える

関係ブログ;
VDR-R2000のリモコンの分解/    http://1ppo2ho.at.webry.info/201509/article_1.html
VDR-R2000リモコンの内部観察と処置/   http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_1.html



 その他メモ 
  1. 録画機リモコンはTVリモコンより使用頻度が少ない
  2. 録画機リモコンは使用期間が短い (12ヶ月少ない)
     
  3. リモコンを持つ時は、下側を持つ(水分・温度差の影響有無)
  4. 水分がでたのは 表面処理がしてないか、簡単に剥げたか?
     
  5. リモコン内部の水分の発生は大きく分ければ2つ考えられる
     
     「外部から入ってきた」 又は 「内部で発生した」
     
  6. 使用頻度が高い導電部は水分で劣化(電気抵抗値の増加)する?





 思ったこと 
  1. 夏だけ結露するのか 水分量が多くないか?
    判らないことだらけです
     
  2. このリモコンと 同じ内容の不良が 一般世の中に 出ているか 気になることです
     
  3. 地デジ用リモコンは他の部屋では3台は使用していますが 不具合は発生していません
     
  4. 世の中の 地デジ関係品は購入時期がほぼ同一です(施行期日は地域で違う)
    故障により メーカの実力が判る気がします
     
    注意して ネット記事を見ていると 解かるカモ 知れません




●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボタンを押して反応するTVと反応しなくなった録画機 リモコンの内部構造をもっと比較 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる