3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS HDMI切換器PHM−SW201(プリンストンテクノロジー)の接触抵抗を測定

<<   作成日時 : 2016/06/21 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



HDMI切換器PHM−SW201の接触抵抗を測定



不良品のPHM−SW201 廃棄前に
テスターでスイッチの接触抵抗を測定する


ちょこっと
この切換器、最初からダメ、 しぶしぶ1年間使用してたもの
  分解方法を含む 前ブログ;http://1ppo2ho.at.webry.info/201602/article_1.html


接点の抵抗値
一日一回は使用してるHDMI切換器は ついに使用をあきらめて 廃棄します
理由は “切換器が切り換わらない“が 毎日で イライラが出たからです

廃棄前に接点抵抗値を調べて 商品の実力を知ります


HDMI切換器概要
  1. HDMI 2ポート切換器
  2. プリンストンテクノロジー株式会社
  3. PHM−SW201
  4. 製造番号なし(内部もゴム印なし)
  5. 購入年月;2015年4月
  6. 不安定の発見日;2015年7月
測定器;    テスター

★1HDMI切換器/ 底面
画像


外観(底面)

名板があります
★2 名板
画像


測定した機種名


管理番号がありません
★3 測定データ
画像


接点数の合計;28 箇所
・スイッチ回路; 7回路・2列(計14回路)
・スイッチ開閉 ; 1(上)、2(下)の切換
  (切換数 2)


測定数;10回


データ評価方法
   (ブログ独自・独断と偏見あり)
・正常値 ⇒ ○ (抵抗値;0.1Ω以下)
・非正常 ⇒ 抵抗値 記入  (2Ω以下)
N G ⇒ × (抵抗;2Ω以上で不安定)
   (不安定とは 抵抗値が 常に 変化して読めない)
★4 内部外観
画像




・中央部はプッシュプッシュスイッチです
 赤マジックでスイッチ番号を付与する
  配列は3端子で1組(1回路;入力1・出力2)です


・左ボタンを押して切り替えます
  凹⇒“1”(HDMIコネクタ番号)
  凸⇒“2”


基板にも 捺印などの生産管理番号はありません
★5 測定器
画像


測定器;テスター
 (デジタル式)

★6 測定場所
画像


抵抗値の検出
スイッチ直接 “みのむし”クリップで掴む



“みのむし”クリップと検出場所の接触抵抗は
5回以上チェックして問題なしを確認
 (酸化膜の有無)

★7 測定の事例
画像


テスターの表示
抵抗計で レンジは200ΩMAX を示す

画像は 5Ω を示している
(正常値は 0.1Ω以下です)

測定データ概要
回路数 14
接点数 28
測定数 10回

テスター表示接点数
・問題なし0.1Ω以下11
・微変化0.1Ω以上
・変化2Ω以下(上に含む)
・異常(NG)2Ω以上・不安定12


接点のNG発生率
★発生率10%20%30%40%50%60%70%80%以上
★接点数

感じたこと
  1. 実際 映像が見れなくなる限界 の抵抗値は何Ωかワカリマセン
  2. 測定値が変化する=不安定な抵抗値は NGと判定した
  3. 使用状況の発生率とほぼ 似ています
  4. 実使用で、切換ボタンが手前(バネ圧が弱い)のとき、NG回数が多かった
    しかし 測定データには現れていません




思ったこと
  1. 昨年購入後 おもちゃレベル商品と認識しましたが 直ぐ捨てるのは、ためらってガマンして使用していたものです
    ガマンが限界に来て 廃棄を きめています
  2. 廃棄前に 接触抵抗を測定するのを 思いつき 実力を調べた ところです
  3. ”接点”を測定器する 接触抵抗計は不要で テスターで十分判る
    テスターでこの値では ???
  4. 購入者でテスターをお持ちの方 即 測定してみてください


●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HDMI切換器PHM−SW201(プリンストンテクノロジー)の接触抵抗を測定 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる