3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 素人ブログ・ 初めての混合栓カートリッジ交換

<<   作成日時 : 2017/02/22 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


素人の 初めての混合栓カートリッジ交換



水が止まらない混合栓の 内部にある
カートリッジを 交換した 経験ブログです


参考にしたサイトです (リンク確認;2017.02)

★水関係の修理は 経験がありません
恐る恐るカートリッジを交換してます

交換希望者が スムースに カートリッジ交換が出来る ように 思ってます



不具合現象; 水栓を止めても 水が流れ続け 止まらない
処 置;  カートリッジ交換で 水漏れが 止まりました

★混合栓の品番
  1. メーカ名; TOTO
  2. 旧; 混合栓/TLF30U(2006年取付)のカートリッジ
  3. 新; カートリッジ/THY582N(2016年10月購入)
    (施工説明書が付属品)

★現状把握
  • 現在の状態を把握する(水漏れ具合と条件など)
    交換後,速やかに 元の状態へ戻すため
    ・止水栓の角度(水量を知る)

★あったら良い工具
  • ウエス・スポイト(水を抜く・ゴミを吸取る)
  • ピンセット
  • 針金又は クリップ(バネの着脱用・更にペンチで加工が必要)
  • 長いお皿(外した部品を順番に仮置く)
  • マジックペン・デジカメ(メモ用・記録)
  • 懐中電灯(混合栓の内部を照らす)

★1交換(修理)ステップ毎の記録
画像


必要に応じてメモをお勧めします
●、マジックペンでマークする
●、デジカメで記録する


例;
  • 止水栓の位置
    立地条件で水圧が違います
  • レバーハンドル位置
  • 止めバネ位置
  • ストッパー位置
  • カートリッジ位置(回転方向)

★2 作業全体を把握する
画像


付属説明書で全体が掴めます

部品は取付け“向き”があります
(意識して分解すると 組立時の不安が軽減されます)

@レバーハンドルを上へ抜く
A止めバネを縮め上へ
Bスペーサーを上へ
Cストッパーを上へ
Dカートリッジ押さえを回す
Eカートリッジを上へ抜く
FフレアパッキングとGバネを上へ
(1箇所で組み部品)
分解部品はお皿へ分解順に並べる
 カートリッジを交換する

★3 レバーハンドルの取外し
画像


ハンドル位置を中央にする

@、レバーハンドルを上へ抜く
比較的容易に抜けます
★4 
止めバネを外す
スペーサーを外す
画像


A、止めバネを外す
・バネを内側へ曲げながら上へ
・バネは溝に入っています


B、スペーサーを外す

★5 ストッパーを外す
画像(赤丸はマーキング)


C、ストッパーを外す
・ドライバーで緩やかな力で取りだす
  容易に外れない ときあり
(コツは“★6”に記載)


ストッパーは
基本的に 置いてあります
★6 ストッパーを外すコツ
画像


ストッパー歯車の遊びイメージ
画像(左;時計方向、中;外せるとき、右;反時計方向、)



取れないとき
  1. ドライバーで外しながら(少しの力)
    (剥がす方向に 力 を加えながら)
  2. カートリッジ押さえを
    時計・反時計方向にガタガタ(交互)動かす
  3. 徐々に外れます





D、カートリッジ押さえを外す(画像★5)
・外す前に位置をマーキングする
・カートリッジ押さえを反時計方向回転させて緩める
 (目安・少しの回転で、10回以上回します)
★7 カーリッジを外す
画像


E、カートリッジ
カートリッジは簡単に抜けません


カートリッジの抜き方
・基本は上方向に抜きます
・固く 圧入されてます

ワインボトルのコルク栓の抜き方と
同じ方法で
何回もレバーを前後にコジって徐々に抜きます

但し カートリッジだけ力を伝えること
(混合栓の破壊に注意)

★8 フレアパッキングとバネを外す
 (混合栓内部、左側は外してます)
画像

画像


・作業性で
 混合栓内部の水を少し抜きます
(ウエスで吸い取る)(お好み量・個人差あり)


・パッキングは密着しています
 ゴミを作らないため 治具を使用します

・治具は針金をペンチで曲げた簡単なもの



F、バネ付フレアパッキングを外す
バネに引っ掛けて引き抜きます

作業の練習
新規 購入品で作業確認ができます

(針金が手元にない方はクリップで代用できます?)
★9 内部清掃

(写真8を参照)

小さなゴム片は
スポイトで吸ったり・ピンセットで取る


このブログでは、ゴム屑だけ除きました
 清掃の程度はワカリマセン
★10 カートリッジの取付けポイント

★付属の説明書を見ながらお願いします
画像


画像


10、取り付けポイント

  • フレアパッキングとバネ
    パッキングが水に浮いて動いた⇒指で沈ませる
    取り付けの上下向きに注意

  • カートリッジ
    前後の向きあり

  • カートリッジ押さえ(マーキングを確認)
    ネジの溝が合いにくい(根気良く)

  • ストッパー
    焦ると入らない

    軽く押し込みながら カートリッジ押さえを時計反時計にガタガタ動かす


  • スペーサと止めばね
    バネが溝に納まったのを確認

  • レバーハンドルの取付け

  • ★止水栓・水側を開く/お湯側を開く
    チェックして おわりです
交換する方は、全て自己責任でお願います

交換前は、不具合現象の 再チェックがお勧めです・・・(修理後の確認項目になる)
  1. レバーハンドルを動かして 症状を確認する
  2. 止水栓(元栓)を止め 漏れ具合を見る
    水側を止めて 見る
    お湯側を止めて 見る

水関係の修理は 少し不満を感じています・・・その訳
  1. ★全体が把握できない(公開記事が少ない)
  2. ★ 仕組みが把握できない
      (原因が判らない)
  3. ★修理が出来ないと生活に支障が出る(ことがある)
  4. ★ 修理を頼むと価格が高く バラツキがある


思う
  1. ★安く購入できるネットで購入してます
    理由は失敗しても損失を少なくするつもりでした
  2. 後日、ホームセンターでチェックするとカートリッジは 置いてません
    結果 オーライです
  3. ★施工説明書は 専門家向けに書いてあります
    一般ユーザーとって 内容は丁寧さに欠ける 気がします
     ここでは いくつか 体験した 内容を 書いてます
  4. むかし 水漏れ修理を 業者に頼みました
    パッキング交換で 費用は ナント 3万円以上 取られた 経験があります
    (その業者はタウンページから依頼したものです)
    それから 修理はまず “自分で 直す”を 第一としてます



●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素人ブログ・ 初めての混合栓カートリッジ交換  3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる