アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
3歩
ブログ紹介
zoom RSS

集中豪雨でベランダに 水が 約8cm 溜まる

2016/08/08 10:37


2階ベランダの水 溜まり



集中豪雨でベランダに 水が 約8cm 溜まる


6月の集中豪雨の朝 雨戸を開けたら ビックリ
ベランダに雨が溜まっており 雨戸のレール近くまで あります

 細かい 薄いシート状のゴミ が排水口に溜まっていたのです


★1 日常のベランダ
画像


2階のベランダには
エアコン室外器がある
室外機にはブロック台が敷いてます


緑色は人工芝です


★2 水溜り
画像

画像


水が溜まった状態


水の量は ブッロクの穴の高さまで
   (約 8 cm)
★3 排水口(ブロック台を移動後)
画像


排水口は室外機ブロックの下です


(この画像は対策後写真)
ゴミを取り除く
ブロックを少し移動
★4 排水口(移動前)
画像



排水口の排水穴が 約3ツ見えていた

エアコンのブロックが排水穴を塞ぐ
 (穴数の3/4)
★5 ベランダのゴミ
画像


白く見えるのが薄いプラスチック

経年変化で細かくなる
★6 物干し竿の筒皮膜
画像


ゴミ原因の一つ

プラスチックは物干し竿の筒皮膜




  1. いままで 全く問題ないのが 水溜りが 突然でるとは 驚きです
    エアコンの設置・物干し竿・清掃レベルなど 特に変えていません
  2. これ以上 水が溜まると 室内へ入るところでした
    排気口の内部まで見ていないため 少し気がかりです
  3. エアコンを移動しないと 人が入れる空間がありません
    また ブロック台の移動が可能か 判りません
  4. 雨が しとしと のとき、 水は人工芝の間を流れて ゴミが移動しない
     水が多いと 排水が徐々に溜まり ゴミを浮上させ 排水口へ移動させた と思われる

●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アナログ・クオーツ・トラベル・目覚まし時計の分解と修理

2016/07/26 07:37


目覚まし時計の分解と修理


スナップフィットが小さく 柔軟性にかけます
分解は 細心の注意を




時計の針が止まり “カチッカチッ”音がしません
電池交換しても同じです

修理のため“ダメモト”で分解しています

時計概要
・メーカ名;  Maruman
・大きさ ;  55*55*23
・方 式 ;  アナログクオーツ
・機 能 ;  アラーム・バックライト

時計は分解出来る構造になっていません
このため 分解すると 勘合のツメ(突起)が破壊する恐れがあります
自己責任でお願いします
 


★1 外観
画像


小さくて軽く
シンプルなデザインです
★2 外観(裏面)
画像


時計の機能
・バックライトボタン
・時刻あわせ(調整)つまみ
・電池格納蓋
   ( 単三乾電池1本)

(側面)
・目覚まし/アラームのON−OFFスライドスイッチ
★3 時刻調整つまみを外す
画像

時計断面図(電池蓋の着脱)
(茶→外ケース/緑→本体/青→裏蓋)
画像


◇アラームの
  スライドスイッチをOFFにする

◇電池カバーと電池を外す

◇時刻調整つまみを抜く

  つまみは 軸に圧入されています


電池カバーの構造
・外し方
  下方向へ押しながら
  手前に引く
  (2段階動作になっている)

・カバー上部は丸い形状で小さい
  下部は突起が高い

 ここは 着脱できる構造になっている
★4 時刻調整つまみの軸形状
画像


向きがあります(“D”カット)
  (組み立て時注意)
★5 裏蓋を外す

アラームスイッチ画像

“道具パン”をスイッチと裏蓋間に入れる
画像

“道具パン”の2枚目を入れる
画像


◇裏蓋を外す
(“嵌め込み”の“爪”=突起 で勘合しています)
   (スナップフィットで出来ています)
   2回目の分解時 “爪”=突起 を欠きました
 


裏蓋とケース間に隙間を作ります
◇“道具パン”を
  “スイッチ”と裏蓋間に入れる
◇もう一枚の“道具パン”を入れる
◇外す爪に位置に移動させる

  2段階動作で分解する

   “道具パン”は仮名称です

 

☆分解は先に 下側の爪を外す(推奨)
(画像は上側です これで爪を折りました)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
爪を欠けさせないコツ(2段階動作で分解)

裏蓋とケース間に“隙間”を作る
・ケースの入り口を拡げる
・裏蓋を縮める

“スナップフィット”を検索し
 調べるのをお勧めします
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★52
断面図と“道具パン”
画像

ケースと裏蓋の隙間を作る
画像


スナップフィットの位置名を付けま
ケース・手前・上側の凸=(爪)
裏蓋・上側の凹
ケース・手前・下部側の凹
裏蓋・下側の凸=(爪)
ケース・奥・上側の凸(高)
ケース・奥・下側の凸(低)


M1・M2は“道具パン”を示す


2段階動作で分解する
上側を外すとき(2案)
・上ケースを拡げながら
・裏蓋を全面的に下げながら
下側を外すとき(2案)
・裏蓋を全面的に押し上げながら
  (裏蓋が動く→ケース入口が変形→Bb間に隙間)
・裏蓋の電池ケース部は曲げながら

イラストで“は
・“Y”方向(Aa間又はBb間)に隙間を作る
・“X”方向は道具パンで開く

単一動作は“A”が破壊します

★6 裏蓋の分解 後
画像


◇文字盤を下にして外す
  (アラームつまみを 落とさないため)
★7 アラームつまみの分解
画像


◇つまみは簡単に外れます
このとき 位置・裏表・向きなど記録する
(外した直後 再取付けしてみる 記憶)
★8 内部
画像


汚れもなくキレイです


照明ボタンはグラグラしています


生産ロット番号;9207
  (1992.07 生産)推定?
★9 本体の分解
画像

分解後
画像


◇本体の下部を先に外します


上側は突起が高いため外れない


P点を上方向へ押しながら
下側を手前に引く
★10 裏蓋スナップフィット
画像


裏蓋・上側の凹 ; a
中央に2箇所


裏蓋・下側の凹 ; b
左右で2箇所
★11 ケースのスナップフィット
画像


ケース・上側の凸 ; A
中央で幅が狭く2箇所
  (この爪を欠きました


ケース・下側の凸 ; B
左右で幅が広く2箇所

★12 本体はめ込みのスナップフィット
画像


ケース・奥・上側の凸(高) ; D
中央で1箇所

ケース・奥・上側の凸(低い) ; C
左右で2箇所


小さい写真2枚は分解前でパネルが付いています
  (高さ比較で掲載)

★13 文字盤と針
画像


針が外れない
  (変形するまで力を加えていない)

 

★14 修理

時計の歯車
画像

エアーダスター
画像

針軸
画像


◇歯車部分のゴミ飛ばし
エアーダスター(ホームセンター購入)で
吹き付けたら 正常に 動作した


  (分解前にお試しください)

◇針軸へ油を 一滴浸み込ませる
  (効果 不明です)
一日経過後
時刻あわせの回転軸は スムーズになっています

  (油は通常の自転車オイルを使用)


食パン袋留め具=仮名称“道具パン”はテーパ加工する 詳しくは
http://1ppo2ho.at.webry.info/201509/article_1.html



思ったこと
  1. 2段階動作は難しいです
    ケースに傷つけるが こじ開けた方が簡単か?も知れません
  2. 爪を破壊したため 業務用スリオンテープ(黒色) で固定しています
  3. この時計は風呂場で 防水箱に入れて 使用しています
    湿度の影響の有無も 調べています が問題なしです
再開動作;2016.7.5〜
●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


室内/照明器具(蛍光灯)の紐(糸)が切れ 修理する

2016/07/07 10:55


室内/照明器具(蛍光灯)の紐(糸)が切れ 修理する



修理はためらいますが 原因も対策も判り ヤル ことは簡単です


修復する方は自己責任でお願いします
天井から吊るしている 30年前の照明器具(蛍光灯)の紐(糸)が切れた ので
修理して 見ます

修復 の基本はメーカーの取扱説明書に従ってください
以下は、個人的な修理方法です


手順 (スイッチはOFF)
  1. 照明器具を外す
  2. セードを外す
  3. 蛍光管を外す
  4. 豆球・グローランプを外す
  5. 支持バネを外す
  6. 蓋(カバー)を外す
  7. 内部を点検する
  8. 紐の通し道を把握する
  9. 紐を付ける
  10. 紐を付けた直後、動作をチェックする

あらかじめ 準備するもの(必要に応じて)
  1. 紐(交換する紐・丈夫なもの・太さに注意)
  2. ドライバー(3o・プラス)
  3. ピンセット(紐を操る)
  4. カメラ(分解順序の記録)
  5. マジックペン(分解時の記録・現品にマーク)
  6. 脚立・テーブル(器具を外すときの踏み台)
  7. 掃除機



★1 照明器具外観
画像


〜紐交換後の照明器具(画像)〜


照明器具を外す(シーリングを外す)
シーリング下部を掴み
 反時計方向へ回転(約30°?)させる



・シーリング知識は
  専門メーカの ホームページへ
   (参考;下に記載)


・注意事項(個人の思いつき)
   (下に記載)
★2 セード
画像


セードを外す

本体器具に乗っているだけで
簡単に外せます


軽いものは容易です
★3 照明器具
画像


セードを外した本体(仮名称)
(ここから分解する)


蛍光管を外す

・蛍光管ランプソケットを外す
  (コードの長さ・位置・向きなど有)

・支持バネを広げて 蛍光管を外します
★4 豆球を外す
画像


豆球・グローランプを外す


★5 支持バネを外す
画像


支持バネ(3本)を外す

・ドライバーでビスを外す
★6 蓋を外す
画像


蓋が外れます


内部点検
・異常(変色)がないか
・紐の切れ方
・ホコリ(虫など)の有無

★7 紐の経路
画像


・交換する紐と
  通す 経路をチェックする


・新しい紐に交換する

  1. 孔に通す(a)
  2. 壁に通す(b)
  3. 裏からフック孔に通す(c)
  4. 紐の端末にコブを作る(玉止め)(d)
    (紐が抜けないよう にする)


★8 切れた紐
画像

画像


・切れた紐
  切れた端末部分は見えています


・直接引く 紐の端末は
  “8字金具”が付いています
  (紐交換後 ここに結びます)


別部屋の照明器具の紐も参考になります




照明器具/シーリングコネクタ の外し方(2016.6.30現)
関連知識は専門メーカのホームページが参考になります(例)
・照明器具の取付金具の種類と取り外し方
   http://makeit.joyfulhonda.jp/article/1017
・器具本体の取付方法
   http://sumai.panasonic.jp/support/lighting/toritsuke_01.html
・照明器具の取付方法
   https://www.nelt.co.jp/products/useful/01.html

注意点
・眼の上の作業になるため 足元を安定させる
   脚立を使用し 余裕のある姿勢をお勧めします
   背伸びする作業は絶対にお勧めしません

・コネクタは“カチッ”と音がして外れます
   コネクタを外した瞬間から コネクタが抜けます
   同時に 照明器具が落下 するようになります
   このため シッカリ 照明器具を支えます(支え方;コードを持つ)
   (器具よって 照明器具を支える人 が必要?/支え方;中央を支える)

・外した後 直ぐに 入れてみる(元に戻してみる)
   (入れ方のコツが 把握できます)





少し思う
  1. 作業は簡単ですが 億劫です また 注意が必要です
  2. 照明器具の大きさによって “電気の扱い”が 苦手な人は、 他の人に依頼するのも OKと思います


●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HDMI切換器PHM−SW201(プリンストンテクノロジー)の接触抵抗を測定

2016/06/21 08:46


HDMI切換器PHM−SW201の接触抵抗を測定



不良品のPHM−SW201 廃棄前に
テスターでスイッチの接触抵抗を測定する


ちょこっと
この切換器、最初からダメ、 しぶしぶ1年間使用してたもの
  分解方法を含む 前ブログ;http://1ppo2ho.at.webry.info/201602/article_1.html


接点の抵抗値
一日一回は使用してるHDMI切換器は ついに使用をあきらめて 廃棄します
理由は “切換器が切り換わらない“が 毎日で イライラが出たからです

廃棄前に接点抵抗値を調べて 商品の実力を知ります


HDMI切換器概要
  1. HDMI 2ポート切換器
  2. プリンストンテクノロジー株式会社
  3. PHM−SW201
  4. 製造番号なし(内部もゴム印なし)
  5. 購入年月;2015年4月
  6. 不安定の発見日;2015年7月
測定器;    テスター

★1HDMI切換器/ 底面
画像


外観(底面)

名板があります
★2 名板
画像


測定した機種名


管理番号がありません
★3 測定データ
画像


接点数の合計;28 箇所
・スイッチ回路; 7回路・2列(計14回路)
・スイッチ開閉 ; 1(上)、2(下)の切換
  (切換数 2)


測定数;10回


データ評価方法
   (ブログ独自・独断と偏見あり)
・正常値 ⇒ ○ (抵抗値;0.1Ω以下)
・非正常 ⇒ 抵抗値 記入  (2Ω以下)
N G ⇒ × (抵抗;2Ω以上で不安定)
   (不安定とは 抵抗値が 常に 変化して読めない)
★4 内部外観
画像




・中央部はプッシュプッシュスイッチです
 赤マジックでスイッチ番号を付与する
  配列は3端子で1組(1回路;入力1・出力2)です


・左ボタンを押して切り替えます
  凹⇒“1”(HDMIコネクタ番号)
  凸⇒“2”


基板にも 捺印などの生産管理番号はありません
★5 測定器
画像


測定器;テスター
 (デジタル式)

★6 測定場所
画像


抵抗値の検出
スイッチ直接 “みのむし”クリップで掴む



“みのむし”クリップと検出場所の接触抵抗は
5回以上チェックして問題なしを確認
 (酸化膜の有無)

★7 測定の事例
画像


テスターの表示
抵抗計で レンジは200ΩMAX を示す

画像は 5Ω を示している
(正常値は 0.1Ω以下です)

測定データ概要
回路数 14
接点数 28
測定数 10回

テスター表示接点数
・問題なし0.1Ω以下11
・微変化0.1Ω以上
・変化2Ω以下(上に含む)
・異常(NG)2Ω以上・不安定12


接点のNG発生率
★発生率10%20%30%40%50%60%70%80%以上
★接点数

感じたこと
  1. 実際 映像が見れなくなる限界 の抵抗値は何Ωかワカリマセン
  2. 測定値が変化する=不安定な抵抗値は NGと判定した
  3. 使用状況の発生率とほぼ 似ています
  4. 実使用で、切換ボタンが手前(バネ圧が弱い)のとき、NG回数が多かった
    しかし 測定データには現れていません




思ったこと
  1. 昨年購入後 おもちゃレベル商品と認識しましたが 直ぐ捨てるのは、ためらってガマンして使用していたものです
    ガマンが限界に来て 廃棄を きめています
  2. 廃棄前に 接触抵抗を測定するのを 思いつき 実力を調べた ところです
  3. ”接点”を測定器する 接触抵抗計は不要で テスターで十分判る
    テスターでこの値では ???
  4. 購入者でテスターをお持ちの方 即 測定してみてください


●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HDMI切換器SW-HD21 の分解 と内部点検

2016/06/07 08:16


HDMI切換器SW-HD21(サンワサプライ) の分解 と内部点検



下ケースとプリント基板が 分解できません


ちょこっと
ケースの作り方も イマイチ
   分解の背景ブログ; http://1ppo2ho.at.webry.info/201605/article_2.html



分 解 分解は自己責任でお願いします
新規購入した HDMI切換器の動作が 販社ホームページの商品説明と違うため 分解して 調べます
良品か不良品か判るかもしれません

HDMI切換器
★メーカサンワサプライ
★品番SW-HD21 (2入力×1出力)
★購入日2016.05


使用した工具
・ドライバー;  (基板止め ビスを外す)
・縫い針;  (シールを剥がす)
・ピンセット;  (シールを剥がす)
・はく離紙;  (滑り止め ゴム脚の一時保管)
・L型六角レンチ ;  (プリント基板を下面から押す)

★1本体
画像


外観


・構造は 上下ケースだけです
  (ケースの隙間を記憶する)
★2 “保証”シールを剥がす
画像


“保証”シールを剥がす
  (注意;剥がすとメーカ保証の対象外?)

シールは粘着剤付のため
・隙間に針先を入れてユックリ剥がす



本体を持って振るとカタカタ音がします
  (ボタンが固定されていない)

★3 底面の滑り止めラバーを剥がす
画像

ラバーを剥がす
・底蓋にあるラバーを指先で剥がします
  (ユックリ・丁寧に)

ラバーは
両面テープで貼り付けています

  (剥がすとビスが見えます)
★4 ビスを外す
画像


ビス4本を完全に外す
(上下ケースに" ビス溝"がある/組み立て時は注意)

・プラスドライバーを使用します

上ケースは 簡単に外せます
  (ボタンの向きを記憶する)
★5 分解
画像


分解写真
(分解はここまで)




下ケースとプリント基板が外れない
★6 検査合格(緑色)シール

画像



基板検査シールの貼付位置変更
(要注意;改造となる)
検査合格(緑色)シールを導電部から避けて貼る

分解の試み
▲プリント基板固定の 片側2箇所は外した



★7 内部点検
画像


はんだ付作業が悪い


・“ボタンスイッチ”の 4隅は
   “追い半田付け” をしている
 (左画像の円 実線は手前。点線が反対側)


 “ボタンスイッチ”は
 “タクトスイッチ”と“ツマミ” の組立て

★8 ボタンの半田付(手前)
画像


(8倍ルーペで確認)

導箔パターンに傷(画像 k)
  (傷は深く 溝になっている)

 ・プリント基板の導箔が90%切れている
  ((画像 pk)
  (浮いているが切れてない。)



・半田屑(画像 bn)
・パターン上に半田(画像 b3)
  (レジスト破り半田が付着)

★9 ボタンの半田付(反対側)
画像


半田屑とフラックス



半田屑(画像 bn) と フラックス(画像 f)
  (画像でフラックスは色が黒く見える部分)
★10 接着剤付き部品の保管方法
画像


“シール”と“ゴム脚”部品の一時保管
  タックシールの使用済み部分を利用


剥離シートのため
貼り付けても 簡単に剥がせます
シールの剥がし方は
   剥がす前、ドライヤーで 暖め粘着を ゆるくします
   次に 針先で少しずつ剥がして いきます



分解で判ったこと
分解の結果、目視では動作に与えるような 不具合が見当たらない

  1. 本体を持って振るとカタカタ音がします
    ボタンが固定されていない
  2. 上下ケースの密着度は素晴らしい
  3. 上下ケースとも“ビス溝”がある
    (再組み立て時 注意)
  4. プリント基板が分解できない
    基板取付 孔の大きさと 取付け支柱の太さ が同じ
    (ムリに取付けているため圧入状態)
  5. 半田付け作業のレベルが低い
    ・半田飛び散りが多い(画像 bn)
      (こて温度が高い)
    ・フラックス量が多い(画像 f)
       (作業時間がが長い?)
    ・プリント基板に傷(画像 k)
    ・半田量に差がある(画像 b1とb2)
  6. 基板設計が???
    面実装では半田が付き難いパターン
     その他チョット
  7. 基板のパターン上に“合格シール”が貼られている




分解メモ
★基板の分解はケースが傷つきます⇒作業注意



基板分離の試み
画像
・六角レンチ(L型・細いもの)を使用
レンチを基板とケースの隙間に入れ
基板の下側を押し上げる
  結果;片側のみ外れた


・金尺を使用 (画像6 参照 A)
基板下からコジッてみたが基板は外れない
  (基板が撓むだけ)


 (紙は ケースの傷つけ防止 と基板部品 の保護)
   (画像6 参照 P)

外した上ケース
画像

基板押さえ構造

(外れない下ケースも同じか???)




思ったこと
  1. 分解を中止しました
    購入して間もなく 条件付で使用できるためです
  2. この上のモデル(3入力用)とは ケースが違います
    ただし プリント基板(単体)は同じと思われる
  3. HDMI切換器のネット検索で すぐヒットする2機種め の購入でした
    またもや 動作が不十分でした
    少なくとも お勧めしません


●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規購入 HDMI切換器SW-HD21 (2入力×1出力) カタログと違う動作をする

2016/05/27 12:57


HDMI切換器 カタログと違う動作をする



切換ボタンを操作しても画像が切り換わらない


ちょこっと
壊れているかもしれません が
後日 分解して確認します



変な動作のHDMI切換器

新規購入した HDMI切換器の動作が 販社HPの商品説明と 違います
忘れ防止で ブログに書き留めます


HDMI切換器
★メーカサンワサプライ
★品番SW-HD21 (2入力×1出力)
★購入日2016.05.03
★不具合現象・1 本体切換ボタン押すと
 入力ポートLED表示(ランプ)は切り替る
  しかし 画像は
 パソコン⇒録画機 は切換わる が
 録画機⇒パソコン はパソコン画像が出ない
  (画像は砂あらしとなる)

・2 ケーブル入力ポートを変えても同じ現象

・3 切換ボタンの操作を しても
 パソコンと録画機 の同時動作中は
  パソコン画像が出ない

結線条件
パソコンデル/ノートパソコン/INSPIRON15R(N5110)
録画機日立マクセル/VDR-R2000
TVパナソニック/TH−L32C3
HDMIケーブルELECOM/1.5m3本

 
★1 外観
画像


接続端子(ポート)と切換ボタン


切換ボタンを押すたび 
LED表示は切り換わります
★2 銘板
画像


底板のシリアルナンバー

シリアル番号から生産日が推定できる
  (2016年3月578台目?)
★3 販社の商品説明資料(HPからコピー)

特長
画像

仕様
画像

Q&A
画像

対応機種
画像


商品資料の抜粋・要約です

【特長】
・簡単に 切換出力できるHDMI切換器
・HDMI接続機器から電源を供給
・自動切換は注意書き 有


【仕様】
・切換方式;本体切換ボタン

【Q&A】
・使用ケーブルの長さは5mを保証

【対応機種】
・TV・パソコン・録画機の標準機種を保証
★4 結線図
画像


機器の接続です
★5砂あらし画面
画像


不具合のとき表示される画面です
  (画面だけ切り換わらない)
★6 パソコンの認識画面
画像
画像

音声
画像


パソコン(win7)の画面

パソコン側では
切り換わっているのが認識されている




使用して解かったこと
  1. すべての機器を 電源OFFから起動する とOKです その条件は
    入力機器はどちらか一方です(見たい機器だけ電源ON)
    今はこの条件で使用できています
  2. 切換ボタンの使用機会がありません
      (このボタンで切り替えられると思い購入しています)
  3. 切換器と録画機の接続は 
    直後からランプが点灯します
    (録画機のHDMI端子5Vは常時 出力される?)

    切換器とパソコンとの接続は
     パソコン電源ONのときだけ ランプが点灯します
    (パソコンのHDMI端子5Vはパソコン電源ONのとき出力される?)
  4. TVと録画機とパソコンの設定(HDMI関係)の影響の有無は
    条件設定で変わるかトライしたが無関係でした(個人的に考える範囲内です)
      (関係するときはこの販社が説明するべきと思う)
  5. 切換ボタンの長押しはポートの選択が繰り返される(2秒間隔?)

すき間商品は 後出し商品が機能を保証するのがジョーシキ ??? と思います
商品間の“あいしょう”などありません  とも考えています
HDMIのつなぎ方参考サイト;http://digital.monorepo.com/accessories/hdmi00.php




思ったこと
  1. 不具合があっても 使用できるように あえて3入力でなく2入力を購入してよかったと感じています
  2. この動作で この価格は高いと感じます お勧めしません
  3. HDMI機器の5V端子で切換信号を得ているとき 常時出ているものは切換できない?(ランプ切換はOK) ムムム? ワカリマセン
  4. 販売促進資料とその実力の違いで この会社の商品は 今後 考えます


●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


照明器具(2灯式)の蛍光灯を長持ちさせる

2016/05/13 16:45


丸型蛍光灯の劣化を抑える



新規の蛍光灯は 片方だけ 点灯させます

このとき 消灯側はコネクタを抜くのが ポイントです


ちょこっと
明るい6畳部屋で 照明器具は
32W+30Wの丸型蛍光灯を使用して 壁スイッチがない方



2倍長持ちさせる
日常 使用してる蛍光灯は下の写真です
普段は 明るいため 1灯しか使用していません
 
使用条件;
・部屋の入り口に 壁スイッチがない
・32W(大きい)+30W(小さい) の2灯1組の蛍光灯
・消灯・点灯方法;紐を引いて行う (動作は下の方に記載)


蛍光灯の消灯方法;
・従来は 30W が消灯します(片方の消灯はこちらになります)
・今後の消灯は  32W です(コネクタを抜く/ 消灯の選択が可能)
  (30Wは単体で大量販売しているため 1灯だけで 入手しやすい)


良いところ
・2倍長持ちします
・消灯側蛍光灯は全く傷みません
・点灯管も傷みません




★1 丸型蛍光灯
画像


大きい蛍光灯;32W
小さい蛍光灯;30W
★2 廃棄前の蛍光灯
画像


従来使用方法の蛍光灯です
(紐を引っ張り32Wだけ点灯させてたもの)



・大きい蛍光灯;32Wは完全にNG
  ランプの両端が黒化

・32W点灯管は内部が見えない
・30W点灯管が真っ黒になっている


★3 点灯しない蛍光灯;32W
画像


32W側の黒ずみ

日常 使用している蛍光灯は
寿命がくると点灯不良となる
★4 点灯する蛍光灯;30W
画像


使用時間の短い30Wの蛍光灯のは劣化程度は
黒化が少ない

殆ど 未使用の蛍光灯
明るさは 低下していない


ただし
点灯管は黒く変化して 点灯し難い

★5 コネクタを外す
画像


新しい蛍光灯を取り付ける

大きい蛍光灯/32Wのコネクタを外します


(実証試験 中)
小さい蛍光灯/30Wのコネクタは、 着脱が比較的 簡単に出来ます (急に全灯したいとき)
コネクタ=ランプソケット (ここではコネクタと表記しています)



スイッチヒモと蛍光灯の動作
スイッチヒモを引くと次のようになります 
スイッチヒモ操作回数32Wランプ30Wランプ豆球
無操作***
・ 1回 引 く*
・ 2回 引 く**
・ 3回 引 く**
・ 4回 引 く***
○;点灯  *;消灯



照明器具の特徴
・調光がない
・ ON・OFFを頻繁に行うと、ランプが消耗
・スイッチを入れてから点灯まで、少し時間がかかる
・照明は明るく感じない
・2灯での照明方式

(さらに)部屋の壁には電源スイッチがない




思ったこと
  1. 点灯管式蛍光灯は一番安定した照明器具と思います
    LEDとシーリングライトはメーカや型番により バラツキを感じています
    (ハッキリ言ってバラツキがあります⇒要注意です)
  2. 長時間使用する照明器具は電気代を考慮してLEDの採用も“有”と思われます
    しかし 殆ど使用しない部屋の照明器具は 現行の蛍光灯を お勧めします

  3. このような 従来タイプの照明器具は 既に 販売されていないようです ???
    役立たずのブログです



●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


(素人修理) 風呂窓を開け閉めするハンドルが重い を軽く

2016/04/10 12:43


(素人修理)風呂窓を開け閉めするハンドルが重い を軽く



窓の開閉の時、可動する枠へ
隅々まで オイルを塗布する




風呂窓のオイル塗布(お試しは自己責任でお願いします)
今までの
 窓枠のメンテナンスは 水をかける程度です
長年(築後30年以上)のホコリなど 汚れが付着しています

このため 窓を開閉するとき 重くなっていて 不便を感じていたのです 

試しに 風呂/窓枠の可動部分に オイルを塗布してみました
オイルは100円均一で購入しています (オイルは慎重に選択願います)



★1 風呂窓
画像


網戸を外す
(中央にあるストッパーを回し)
 網戸を上方向に持ち上げる と外れます
★2 開閉時の可動部を確認
画像


2-1 ハンドルを回して 可動部を調べる
  (把握する)
2-2 次に 汚れを落とす


・しつこいホコリは使用済みハブラシで取る
・隙間ゴミはエアーダストで吹き飛ばす
・乾いた布地でホコリを取り除く
★3 オイルの塗布
画像


オイルの 塗布作業

・一滴づつ塗布
・見えない部分・軸受け部分へも浸透させる


・オイル塗布後は、ハンドルを回転させて
 オイルが広がるようにする
★4 オイル塗布の一例(ピンセット使用)

画像


オイルを塗布する道具のいろいろ(案)

 ・オイル指し口から直接
 ・ピンセット
 ・綿棒
 ・スポイト
 ・注射器
 ・その他(利用できるもの)


ブログではピンセットを使用しています
 1、ピンセットをオイルの中入れる
 2、ピンセットでオイルを掴む
 3、ピンセットを塗布部へ充てる
 4、ピンセットを開く(⇒オイルが流れる)
関連ブログ
風呂窓の壊れてたハンドルつまみを代用品で作る
http://1ppo2ho.at.webry.info/201603/article_1.html



その他
オイルの塗布後
ハンドルを回して 回転ムラを感じるときは、ハンドルの駆動部分が磨耗している
 と思われます(未確認)





思ったこと
  1. オイル塗布後 時間を少し経過すると 徐々によくなります
  2. オイル塗布する箇所が多いため ジックリおこないます
    オイルが下に落ちて 窓枠を汚しています
  3. オイル塗布の効果は絶大です もっと早く 実施すれば良かったと思います
    一度トライしてみて ください





●●●●●   END
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自分で修理/風呂窓の壊れてたハンドルつまみを代用品で作る

2016/03/16 15:03


自分で修理/風呂窓の壊れてたハンドルつまみを代用品で作る



身の回り品の“部品”を見ながら 適当に組み合わせて

ハンドル“つまみ”の代用品を作ります


ちょこっと
窓の開閉用のハンドルが壊れていて 開閉時 重く感じています
また 怪我したため 急遽 代用品を作りました
“見た目”を我慢すれば “オン”の字です




ハンドル“つまみ”を作る
★風呂の窓はハンドルを使用して 開閉しています
このハンドルは 何年も前から 壊れており 不便を感じていたものです

ジャンク品を組み合わせて 壊れていた ハンドルの“つまみ”が出来上がりました

★1、 風呂の窓
画像


風呂窓の 外観
★2、壊れてるハンドル
画像


ハンドルの“つまみ”がありません
★3、修理後のハンドル
画像


“つまみ”作成後の外観
★4、壊れていないハンドル
画像


壊れていないハンドル(洗面所ー別物)

窓枠 下に
メーカーシールが貼られています
(meijiアルミ)
★5、修理後写真
画像

画像


修理後の外観(拡大写真)
★6、かき集めた“部品”
画像


ジャンク品

工具箱に散乱していたもの
★7、“部品”の補足説明
画像

画像


唯一の加工品
・外辺の材質は樹脂
  (指が痛くならない・加工しやすい)
・突起があり使用時 滑らない
・内部の大部分は空洞
・加工は“糸ノコ”でカットする
  (形状は筒型になります)



特殊ナット(写真は類似品?)
・ビスにナットを締め付けると
 約1回転で止まる
  (ナゼか 原因不明)


(結果 オーライ)
使用工具;糸ノコ・ドライバー・ペンチ


作成メモ
  1. ジャンク箱の中を見ながら 組み立てています
    このため 部品の詳細は把握していません 

  2.   ビス長さ  5?*25(推定)

  3. 飾りナットの現品は黒く錆びています
    材料は鉄製と思われる(写真撮影が難かしい)

  4.  ナットを締めると 途中で止まるのは 錆びた ためか
    または 、インチとミリ規格の違いか 不明です

  5. 平ワッシャーは “つまみ”の回転時 滑らかにする目的です(使用数1)

  6. “つまみ”加工品のカットする長さは ビス長さに合わせて カットしています
     (現品合わせ)




思ったこと
  1. ハンドル“つまみ”を追加するだけでは 開閉がまだ困難です
    窓の開閉構造に油を注入しています(別ブログ)

    これで初期のように 窓の開閉がスムースになります
  2. ハンドルの修理は怪我予防のため お勧めです
    交換部品はをネットで検索して 見つけてください 
  3. 風呂室内は水で濡れています 自分で修理する人は 十分な注意が必要です(自己責任でお願いします)


●●●●●   END
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


HDMI切換器の不具合(初期トラブル)と分解・修理

2016/02/14 06:42


HDMI切換器の初期トラブルと分解・修理



トラブルの原因は 半田着け不良です
半田付け部にはクラックがありました
徐々に 接触不良が 進行したものと 思います

 ちょこっと 

原因を見つけるのは 時間がかかり 大変でした
しかし 分解は簡単です

ネット購入品で ハズレを掴みました
不具合の現象 ブログ;ブログ;http://1ppo2ho.at.webry.info/201601/article_2.html



 切換器の分解 
動作が不安定なので 分解して 内部を調べています
約8倍のルーペでチェックしています


HDMI切換器概要
  1. HDMI 2ポート切換器
  2. プリンストンテクノロジー株式会社
  3. PHM−SW201
  4. 製造番号なし(内部もゴム印なし)
  5. 購入年月;2015年4月
  6. 不安定の発見日;2015年7月

★1 外観
画像


上部から撮影




(ケースにシールを貼っています)
★2 分解
画像(4枚写真を1枚にした画像)



分解方法


  1. 裏のビス(4隅)は直接 見えません
    “眼隠しシール”が在ります
     

  2. 針で“眼隠しシール”を外す
    両面テープで貼付けしてます
    (再利用のためゴミ付着に注意)
     

  3. (ビス頭が見えます 左下写真)
  4. ビスを外す(4本)
  5. 上ケースを外す
★3 プリント基板(表)
画像


構成部品

・プリント基板
・スライドスイッチ とツマミ
  (スイッチはオーディオ部品?)
・基板用コネクタ付きHDMIケーブル
・HDMI(表面実装)コネクタ2個


(入出力の方向を 決める 部品が在りません)
★4 プリント基板(裏)
画像


(裏面には部品はありません)


・半田ディップと手半田?

(半田屑が多すぎる
パターン間半田くず のサンプル写真は 1〜6)
★5 基板の半田くず
画像


半田くず 1


パターン間の半田くず 3箇所
★6 半田くず
画像


半田くず 2

★7 半田くず
画像


半田くず 3

★8 半田くず
画像


半田くず 4
★9 半田くず と 半田クラック
画像


半田くず 5 と 半田クラック場所
  約8倍のルーペでチェック



・端子の1箇所にクラックが入っている

・アース端子数 計6ピン
(画像では4ピン=青矢印)

・基板でシールド端子?が接続
  (その影響は????)
★10 半田くず
画像


半田くず 6

半田屑は もっと ありますが ここまで
(・・・デジカメでは クラックの撮影がムリでした)


 現品を見た感想 
  1. ビスの頭がつぶれて、ドライバーが空回り(1/4箇所)
  2. ビス“バカ”があって ビスが締まらない(1/4箇所)
  3. 半田屑がいっぱい
  4. シリアル番号がない(品質管理は?????)
  5. 基板の傷・ケースの傷 多数
    (修理した跡が複数あり。あっても良いが良品にして)

〜〜〜対策〜〜〜
・半田屑はドライバーの先端で削り 取り外す
・半田クラックは再半田付けする

結果、動作OKになりました
 (・条件; スイッチが完全に切換わっているとき)
  ・HDMIケーブル長さ 1.2m使用)




 思ったこと 

  1. 開けてビックリ!
    全くの民生部品で作られています
    “売り”に金メッキが  どうのこうの  と書いてあります が
     
  2. 切換器ですから 毎日 2回切り替えています
    いつ コワレル か
     
  3. 時々、切り換わらないときがある。 スイッチ位置を手前にしたときです
    そのときは ツマミを手前に 指先で引くと 動作しています
     
  4. (その後)スイッチ位置を押しても画像が出ないときが発生
    左右の回転方向に力を加えると動作するときがある
     又は、スイッチを複数回 切り替えてみると直るときがある
     
  5. 電気製品で “製造番号がない” 商品を初めてみました
    “売ったら終わり”の商品です
     
    メチャクチャ高い商品と 思います
     
  6. “ch・・・”製の “ダメ”商品は3商品めです
    安いと どうしても買ってしまう (事前に 今、一度調べましょう)
    (宣伝文句では解かりません 現物 見て はじめて 解かる商品です)




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


TV(外部入力)で HDMI切換器の初期不良を 突き止める/見慣れない画面も出る

2016/01/21 14:53


TV(外部入力)で ときどき 見慣れない画面 が出る



切換器使用後
録画機の画面切換時 “ときどき”・“瞬間” に見慣れない画面が出ます

頻度と時間が少しづつ変化しています
 


 チョコット 
見慣れない画面は
アナログ画面の無信号画像 (砂嵐・スノーノイズ) のカラー版に見えます




 見慣れない画像 
背景は
2015年4月 HDMI切換器使用後
2015年7月、地デジ録画機が不調になり始めました
画像が暗くなったり・点滅したり の現象です

その中で ときどき 見慣れない画像が出ましたので 紹介します
また 現象の観察メモも記します
そのときの結線
  1. TV(モニター)
  2. 録画機(リモコンで操作)
  3. パソコン
  4. HDMI切換器(パソコンと録画機 を切換 ⇒ 録画機へ接続)
  5. ケーブル(HDMI)


★1 見慣れない画像
画像


この画像(左)が 一瞬 見えます
 (スノーノイズのカラーに見えます)

条件
・ 録画機をリモコンで操作
・ TVは外部入力で無操作

★2 見慣れない画像の拡大
画像


左上の画像(★1)を拡大しています
★3  通常の無信号画面
画像




“信号がありません”と表示される
 (又は黒画面)

TVは無信号を入力されると
警告画面が出したり 又は黒画面になり、音も出ない?

★4 機器の結線
画像



TVの外部入力 数は 1 端子です

このため
「HDMI切換器」を使用して
「録画機」と「パソコン」を切り換えています

★5 HDMI切換器
画像


切換方法

画像ツマミを押すと
     “1”のコネクタへ接続

画像ツマミが手前のとき
     “2”のコネクタへ接続




 観察メモ 録画機の画像が 時々乱れ始めてからの 観察メモです
  1. 録画機
    1. 一瞬、画像が暗くなったり・点滅したり 不安定になる(初期)
    2. 録画機のTVチャンネル、“番組表・見るボタン”の変更時、稀に発生する
    3. 発生率は1/1〜5日
    4. 録画機の“TV視聴と録画再生”で発生。(HDDの原因では“ない”が判る)
    5. 録画機のTVch変更時 通常の黒画面(1〜2秒内)が出ない現象も発生
    6. 不安定画像が ときどき、長くなる
    7. 写真撮影に成功 (約1カ月後、上の写真)

  2. 切換器
    1. 切換器は2回/1日 以上 切り換える
        使用開始日;2015年4月

      〜〜〜原因究明作業〜〜〜
    2. (切換器根元)録画機側ケーブルを曲げると 画像が乱れる
    3. (切換器根元)パソコン側ケーブルを曲げると 少し画像が乱れる
    4. 切換ボタンに力を加えると 不具合が再現する
        (横方向の力・回転方向の力・半押し(切り替わらない範囲))
  3. TV
     全く無関係



★HDMI切換器を分解後、切換器が原因とわかりました(15年9月現在)
     詳細は別ブログ;  HDMI切換器の不具合(初期トラブル)と分解・修理
http://1ppo2ho.at.webry.info/201602/article_1.html



 思ったこと 
  1. この究明レベルに 解かるまで 長い時間がかかりました
    最初から 録画機を 疑っていたためです
     
  2. 録画機のリモコン操作時のときだけ 不安定現象が見られたからです
    そして 直ぐに HDDの不良が浮かびました

  3. "見慣れない画像"は 機械の不良から来る 現象か?(良くワカリマセン)
    専門家は 極く 普通の現象 と思うかもしれません が




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


尾根緑道の2代目ギョイコウ を見ました

2016/01/07 10:47


尾根緑道の2代目ギョイコウ を見ました



尾根緑道に若木のギョイコウが植えられています
場所は 枯れた先代ギョイコウ位置 と ほぼ同じです




2代目ギョイコウ
植えられていたギョイコウの概要です
・大きさは、約2mほどです
・植え付け場所は先代ギョイコウ とほぼ 同じ位置です
・樹木名を記載したタグがあります



★1 大きさ
画像


木の外観・大きさです
★2 樹木名の表示
画像


タグが付けられています
★3 タグ
画像


“ギョイコウ”の文字が見えます

ここの記事は 下のブログの続きです
尾根緑道 1本しかない緑色の桜が枯れる;http://1ppo2ho.at.webry.info/201505/article_1.htm




2代目は2015年12月に気が付きました 




思ったこと
  1. 尾根緑道の桜は 植樹されてもイタズラ?で 何本も倒されています
     今回も枯れたままで終わりかと 思っていました
  2. 成長を見るのも 散歩の目的になります

    公園の利用者は お互いに大事にしたいと思います





●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初めてのシーリングライト(100型ツインパルック/プレミア蛍光灯)の交換

2015/12/09 06:28


初めてのシーリングライト(100型ツインパルック/プレミア蛍光灯)の交換



蛍光灯のソケット部を押し下げ 器具側の端子から離します

次に支えバネを外すと蛍光灯が外せます



 ひとこと 
シーリング蛍光灯の交換はネットで情報が見つけ出せませんでした

簡単に出来ることでも 知識がないと不安です
初めての方へ お役に立つと思いブログしています




 蛍光灯の交換 

電気屋さんにシーリングライトを取り付けてもらったのが 2〜3年前のことです
照明が暗く感じましたので 蛍光灯の交換を試みました

交換知識は従来品の丸型蛍光灯が元になっています


交換した器具関係の名称です
  1. メーカ;  panasonic(本体national)
  2. シーリングライト品番; HHFZ5323
  3. 質 量;  2.7kg
  4. 口 金;  GU10q
  5. 蛍光灯;  ツインパルック
★1 シーリングライト外観
画像


部屋の中央にあります



(「カバー」に外し方の説明書きがあります)
★2 購入した蛍光灯パッケージ
画像


重さは軽いです
★3 本体と蛍光灯
画像





「カバー」の外し方
 ・「カバー」を両手で持ち
   反時計方向に回転させます

 ・カチッと音がして外せます

★4 照明器具本体
画像


蛍光灯の保持は
「ソケット」Aと「支えバネ」B の3箇所です


(写真左は蛍光灯を外した状態)
★5 蛍光灯(印刷面)
画像


端子位置は溝の中央です
★6 蛍光灯(コネクタ端子面)
画像



この部分を
下へ押し下げると簡単に外れます

(コネクタの勘合力は、弱いです)
★7 本体側ソケット
画像





取り付けのときは、
ここを“位置決めの目標”にします
★8 蛍光灯の着脱

蛍光灯を取り外すとき
  1. (蛍光灯を外すとき 管の残熱に注意)
  2. (コネクタの位置=回転角度を記憶)
  3. (「支えバネ」の強さを確認する)
  4. コネクタを外す
    コネクタ部分を下へ力を加える⇒コネクタ部が外れます
  5. 「支えバネ」を外す
    蛍光灯の「支えバネ」を静かに外す⇒全体が外れます


蛍光灯を取り付けるとき
  1. 蛍光灯の支え部分を取り付け
  2. コネクタの位置を合わせる(回転角度)
  3. コネクタを嵌める


交換する人は頭上の作業となります 足場の安全確保して 自己責任でお願いします



 思ったこと 

  1. シーリングライトの交換作業はネット情報が少ないのでブログしています

  2. 初めてでしたが 蛍光灯の交換は 簡単な部類と思います
    しかし 油断は禁物です 足場の安全確保を慎重に


  3. 蛍光灯の交換も“慣れ”です 一度 試してください
    自分で交換出来れば 費用が かかりません

  4. (余談)
    ライト交換後 約6ヶ月で点灯しなくなりました(明るさは十分なライトです)業者が来て・ 見ていただき その後”寿命”といわれました

    不点灯は“ランプ”と“機器”が合わない とナントナク感じますが・・・・(参考まで)
    (照明器具で最短の寿命でした)


●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レコーダ/VDR−R2000/画像が乱れ始めた処置(お手入れ方法)

2015/11/09 06:51


画像が乱れ始めたHDDレコーダ(録画機)のホコリ取り掃除



2年使用のレコーダ/VDR−R2000を掃除機でホコリを吸い取ったが
動作の不安定が治まらないので蓋を外して清掃した




 チョコット 
掃除機だけでは不十分で エアーダスターを使用します




  ホコリ取り 
録画機の画像が ときどき 乱れます
機器の 内部温度が 上昇している と考え, また 時期も夏です

早速 掃除機で 左右の側面 と 後面のファン の ホコリを除去しすが
まだ 改善しません

蓋を外し 内部を点検します
★1 外観
画像



2時間使用すると
上蓋が熱く感じます


放熱用ファンは常時 動いています
(ホコリは24時間入る)
★2 名盤
画像


品番;VDR−R2000


使用開始は 2013年2月
★3 蓋外し
画像


上下左右 の飾り蓋 外し

  1. 上蓋外し
    後側のビス3本外す
    蓋を後ろ側へスライドさせる⇒外れる

  2. 左と右側板の外し方
    後側へスライドさせる⇒外れる


  3. 底板の外し方
    左右のビスを外す
    底板を後側へスライドさせる⇒外れる
★4 内部
画像


ホコリが溜まっています


ホコリは
全ての隙間から侵入しています

★5 左面 側板
画像


左面 側板/通風孔


掃除機 使用後です
(ホコリが見えません)
★6 左面
画像


左面側


飾り板(黒色)を外したときのホコリ
掃除機では効果が薄いのが解かります


(ここで見えるビスは底板の固定ビス)
★7 右面 側板
画像


右面側


飾り板(黒色)を外したときのホコリ


(ここで見えるビスは底板の固定ビス)
★8 底 1
画像


底面 前側


飾り底板(黒色)を外したときのホコリ


エアーダスターのチューブはホコリの通り道から入れる
★9 底 2
画像


底面 後側


飾り底板(黒色)を外したときのホコリ


エアーダスターのチューブを隙間に入れる




 ホコリの取り除き方 

画像

  1. 掃除機で外部のホコリを取る
     
  2. 上・左・右・底板を外す
     
  3. エアーダスターでホコリを吹き飛ばす
    (屋外作業です)
     
    底板とプリント基板の間は特に有効
    (付属のチューブを使用)
     
  4. 取れ難い 微細なホコリは
    作業手袋を着けて拭取る



これで 画面が安定しています



 その他の熱対策・ホコリ対策  

画像

・録画機の下に隙間を設ける
(木の棒を敷きます)

・録画機の左右 空間は10cmを確保する



画像


・録画機のOFF時間 を設ける
(タイマーを使用する) 

ファンが動作しない=ホコリが入らない
時間を作る
   (テスト中)






 思ったこと 

  1. リモコンボタンを押して その反応がなくなる と同時に
    本体も 約2時間の動作で  映像が不安定になり始めました
  2. タイマー購入は ためらい ますが 不良になるより “まし” と考えてます
    (1週間用タイマーです)
    24H稼働は業務用と考えました
  3. 録画機は トラブルの予感がします(使用感覚です)
    録画済み番組のバックアップを考え中です




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボタンを押して反応するTVと反応しなくなった録画機 リモコンの内部構造をもっと比較

2015/10/12 06:56


ボタンを押して反応する・反応しない リモコン の内部をもっと比較



同一環境下で使用していたリモコンで ボタンを押したら
反応する(TV;TH-L32C3)・反応しない(レコーダ;VDR-R2000)
リモコンを見比べる



2ツのリモコンで 違うのは何処か と探します



目視比較
同じ部屋で2つのリモコン使用しているが、その内部に水分が認められた
その 違うリモコンを “もっと”目視で比較してみた 


実際に、リモコンを見て 判断できる相違点
  1. ボタンの表面処理が違う
  2. 接点形状が違う
  3. 接点の周辺の壁=通気“講”の数・深さなどが違う
  4. 密閉度の電池ケースの長さが違う
  5. 上下ケースの合わせ位置と隙間が違う

素人の思ったことです。 次回対策するときの忘れ防止 で書いています


★1 TVリモコン
 3年間 動作正常
画像

画像


TVリモコン(画像上)



・ボタン表面の色合い(汚れ具合に見える)


ボタン表面の色合い(画像中)

  1. 4・5・7・8ボタンは白く見える
  2. 6・9は半分白い
  3. 1・2・3・10は角が白い
  4. ボタンの側面は全て灰色


ボタンの水分(画像下)

・ボタンの“色合い”に対応して
 ラバー接点の水分量が比例している



ボタンの表面処理が剥がれつつある
と推定する
★2 録画機リモコン

2年間で特定ボタンに反応がなくなった
画像

画像


2-1 ラバー接点(頭側 写真A)

  1. 水分はない
  2. 少しテカリがあるのはTVチャンネル
    (録画関係ボタンより使用頻度は多い)
    (3・10・11・12ボタンのテカリはない)

  3. 通気用の溝は上下2箇所で浅い


2-2 ラバー接点(中央部 B)

  1. 水分はない
  2. 十字選択ボタン周辺はテカリがない


2-3 ラバー接点(脚側 C)

  1. 接点形状は頭側と同じ
  2. 全面的に水分がある
  3. 見え方が縞模様は水分が少ない?
    面全体が接点(TVリモコンと同じ形状)
  4. 全く使用していないボタンも水分がある
    (青・緑・黄色ボタン・データ・早戻し・字幕ボタンなど)
  5. この状態で “赤”・“30秒スキップ” ボタンが反応しない

  6. 通気用の溝は上下2箇所で浅い
    最下部ボタンの溝は1箇所


2-4 ラバー接点(脚側の表面 D)
  1. 上画像と対応しているボタン

    表面処理の有無は判断できない
    中央ボタン列の生地は青色
     (水分への影響度は不明)



水分の拡大写真(光源角度を変える)
画像

画像

★3 ケースの隙間
画像


上下ケースの合わせ位置

TVリモコン;  側面
録画機リモコン; 表面

  (分解は、隙間がないため容易でない)



隙間の簡易テスト(感覚判断)

“上下ケースの合わせ”へ口から息を吹き込み
 抜け具合を はかる

結果;空気移動は少ない
(密閉度は大差ない)


★4 ボタンの高さ
画像



TVリモコンが少し高い


TVボタンは水分が浸透し難い?(比較論)

★5 電池蓋の大きさ
画像


(内外の空気移動は
  ケース隙間より僅かに大きいと思われる)


  1. 蓋の長さが異なる
    TVリモコンが長い

  2. TVリモコンの電池は基板にあたっている
       (影響は不明)


    リモコン優位差 なし?


★6 脚側と頭側の違い(基板の止め方)
画像


“位置決め”側の基板とラバーシート写真A

ボタンを押したとき基板が浮き 隙間が出来る
横から空気が入り込める




“ビス留め”側の基板とラバーシート写真B

ボタンを押したとき同時に動く
★7 基板中央部
画像


・基板に孔がある

基板に穴が開いているため 空気が出入りできる


(接点構造も違う)
★8 結露になり易い部分
画像


温度傾斜が大きい部分
  (結露が出来やすい?)


ラバーシートの厚さが薄い部分は
ボタンを押したとき、ラバーシートが変形するところ


ラバーシートを“光”源に向けると 薄い部分がハッキリ見える

関係ブログ;
VDR-R2000のリモコンの分解/    http://1ppo2ho.at.webry.info/201509/article_1.html
VDR-R2000リモコンの内部観察と処置/   http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_1.html



 その他メモ 
  1. 録画機リモコンはTVリモコンより使用頻度が少ない
  2. 録画機リモコンは使用期間が短い (12ヶ月少ない)
     
  3. リモコンを持つ時は、下側を持つ(水分・温度差の影響有無)
  4. 水分がでたのは 表面処理がしてないか、簡単に剥げたか?
     
  5. リモコン内部の水分の発生は大きく分ければ2つ考えられる
     
     「外部から入ってきた」 又は 「内部で発生した」
     
  6. 使用頻度が高い導電部は水分で劣化(電気抵抗値の増加)する?





 思ったこと 
  1. 夏だけ結露するのか 水分量が多くないか?
    判らないことだらけです
     
  2. このリモコンと 同じ内容の不良が 一般世の中に 出ているか 気になることです
     
  3. 地デジ用リモコンは他の部屋では3台は使用していますが 不具合は発生していません
     
  4. 世の中の 地デジ関係品は購入時期がほぼ同一です(施行期日は地域で違う)
    故障により メーカの実力が判る気がします
     
    注意して ネット記事を見ていると 解かるカモ 知れません




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハードディスクレコーダー/VDR-R2000リモコン(日立マクセル製)の内部観察と処置

2015/10/01 06:47


レコーダーVDR-R2000リモコンボタンが効かない の内部観察と処置



ハードディスクレコーダー/VDR-R2000リモコン(日立マクセル製)の

“赤ボタン” や “30秒スキップ”ボタン を強く押しても反応しなくなった



 ちょこっと 
リモコンの中を見ると ボタンの接点部が ビショビショ と濡れています
リモコン分解方法;http://1ppo2ho.at.webry.info/201509/article_1.html



 内部観察と処置 
リモコンボタンが効かなくなりました
開封して 中を見ると 反応しないボタンの周辺は 水分で濡れています

更に 見ると リモコンのの上2/3は 濡れてなく、下 1/3が濡れています

また、同一環境の TVリモコンとも 比較しました


不具合になったリモコンと参考リモコンの概要
  1. 録画機リモコン
    1. 地デジ用
    2. iVDRレコーダー/日立マクセル製
    3. VDR-R2000のリモコン
    4. 現品表示;RC-R2(取扱説明書では記載なし)
    5. 購入日;2013年2月
    6. 動作;2015年7月、ボタンを強く押しても反応しない

  2. 比較のTVリモコン
    1. 地デジ用
    2. 地デジTV/Panasonic製
    3. TH-L32C3のリモコン
    4. 品番;N2QAYB000569
    5. 購入日;2012年2月
    6. 動作;正常

★1
リモコンの分解
画像


リモコンの分解写真
(分解は左写真まで で比較する)


上ケースとラバーボタン
プリント基板
下ケース
電池蓋
★2
接点部の表面
画像


接点部 外観

プリント基板とラバーの接点部分が濡れている
写真上部は濡れていない


左;プリント基板 接点部
右;ラバー接点部
★3
ラバー接点ズ−ム
画像


ラバー接点部の拡大写真


濡れ具合
★4
プリント基板の接点ズーム
画像


プリント基板 接点部

濡れ具合
 

(水分量を上手に撮影できない)
★5
基板側の濡れ具合
画像


基板の上に
ティッシュ ペーパーを乗せて水分量を推定する
★6
基板側の水分量
画像


ティッシュペーパーに付着した水分量を見る
★7
TVリモコン(他社メーカ品)
画像

画像


TVリモコン
・使用期間⇒3年間 異常なし
・この録画機の専用TV(ペアーで使用)
・使用率⇒TV/録画機⇒2:1


内部観察
・ボタン“4”“5”“7”“8”に水分あり
  (枠で表示)
・ボタン“6”“9”は水分で僅かに光っている


・ボタンの周辺壁に溝がある(通風溝?か)
  (矢印表示)

★8
ラバーボタン壁の加工
画像


内部の 通気性を向上させる ため

ラバー壁の加工



・他メーカと同じように“溝”を作る
  (楕円枠は削った溝=3箇所))

効果不明
(仮説を立てての処置です、下段に記載)
★9
ボタンの加工
画像


空気を内部へ入れて乾燥させるため

・ボタン表面に孔を開ける




結果は失敗です
この方法では 孔が自然に塞がった
★10
基板上の“よごれ”
画像


基板上の清掃


基板のパターン上に不純物が多い

・ボロ布と綿棒で根気良く除去する
  (アルコール含ませると簡単?)


動作への影響度 不明
★11
接点部処置
画像


接点部の清掃


・ボロ布と綿棒でおこなう

・アルミ箔を接着剤で付ける
(金属・シリコン・水分に強い接着剤)

効果確認中
(2ヶ月間はOK/継続中)
続きのブログ(もっと比較); http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_2.html


 接点処置の課題? 
接点の処置は 効果が不明です その理由は
  1. 接着力の弱い材料では剥がれた経験あり(約2週間後)
  2. 水分を拭き取った後に接着剤を塗布している
    (接着剤が 付くか付かない か 不明)

  3. 水分は いづれまた 出てきます
    このときの 結果が不明です(次のケースを想定します)
    • アルミ箔は水分で剥がれる
    • アルミ箔は接着(最少でも2〜3箇所)され剥がれない
    • アルミ箔は接着されても水分でNGとなる
    • アルミ箔は接着され水分が在っても導通する

今は 動作するのを願っています




 要因メモ 
水分の発生を想定します
  1. 指先の皮脂・水分が ボタンから浸透する
    ・ボタン表面処理  ・ボタンの厚さ  ・浸透しにくい材料  ・浸透しても蓄積しない構造
  2. 接点室内が結露する
    ・内部の通気性(外気温に追従) ・水分が出ても乾燥する構造 ・内外の温度差が出にくい構造

  3. その他
    接点面積  ・接点材料(電気抵抗)  ・接点厚さ ・空間の容積

〜〜〜このリモコンの水分/少しムリな 推理〜〜〜
夏の昼間、室温は上昇し リモコン全体が温度上昇する。
 次に 夜、エアーコンの風に冷やされて 内部が結露する?
  1. この リモコン構造は空気移動が少ないため発生・蓄積しやすい
  2. 接点室が個室状態(脚側のボタン郡 1/3)
  3. 同時に ボタンからも浸透する




 思ったこと 
  1. 接着剤の塗布はアナログリモコンで実施しています
    しかし、地デジに変わった ため 効果レベルが不明です

  2. この録画機は 水気のない2階の部屋で使用しています
    TVと組み合わせて の使用です

  3. 水分発生が ボタンからの浸透であるならば ボタンに防水加工すれば効果がある と思います
    防水加工には“透明のマニキュア”が良いかもしれません
    次回 機会があれば 試します

    いづれにしても 原因は不明です 当然、対策も判りません

  4. 過去に、経験したリモコン不良は もっと長い期間で ボタンは “電源”と“音量ボタン”で 使用頻度の多いものでした

  5. この録画機/購入のキッカケは、「録画したら直ぐ消して又録画」の使い方をする コスト優先からです




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ボタンを強く押しても効かない、iDVRレコーダーVDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)の分解

2015/09/16 10:28


iDVRレコーダーVDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)の分解



ボタンを強く押しても効かなくなった
地デジTV用HDD録画機VDR-R2000のリモコン(日立マクセル製)は

傷つけないで分解するのが 難しいリモコンです




 ちょこっと 
身の回り品で 簡単な 小道具作りから 始めます


次のサイトを参考に分解しています
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201212/article_5.html



 なかみ 
分解は自己責任でお願いします
リモコンの上下ケースは密着して 隙間がありません

 分解するのが難しいリモコンで 小道具が必要です?



リモコンの分解

  1. 分解 の条件
    • キズを出来るだけつけない
    • 手元の道具を使う
  2. 不具合現象
    • 録画削除用ボタン「赤」が効かない (ボタンを強く押しても効かなくなった)
    • 「30秒スキップ」ボタンが効かない (ボタンを強く押しても効かなくなった)

      レコーダは本体で操作出来ない設計
      (リモコン不良は ⇒ レコーダ故障となる)

      発見日;2015年7月
  3. 機器名
    • 地デジ用
    • iVDRレコーダー/日立マクセル製
    • VDR-R2000のリモコン
    • 現品表示;RC-R2(取扱説明書では記載なし)
    • 購入日;2013年2月
  4. リモコン構造の特徴
    • (上)表示盤と (底)ケースの勘合が密着して隙間がない
    • 爪の数が多い(L・R側;各6箇所、頭側・脚側;各2箇所)
    • 特に4隅は爪の配置距離が短い
    • 爪の高さは低い
  5. 分解順序
    1. 小道具を準備する(そして加工する)
    2. 電池を外す
    3. ケースの爪を外す (左側⇒右側⇒脚側⇒頭側)
    4. (上)文字盤を (下)ケースから分離する
    5. ビスを外す
    6. 基板を外す

★1 外観

画像


リモコン形状です

・角のデザインに特徴があります
・面は内側に少し凹んでいます
★2 小道具
    いろいろなものが利用できます

画像


目的はケースを外すためです
・ 上下ケース間の隙間に入れる
・ 勘合している爪を外す



  • カード (厚い薄いのいろいろ,C1・C2)
    不要のカードが 手元にないため未実施
    お勧めと思います

  • 食パン袋留め具(バッグクロージャー、A)
    ここでは仮名称“道具パン”とする

    指先の力が必要
    多数 手元にない

  • ヨーグルトのケース(D1)
    力は伝えやすいが変形しやすい
  • スプーン(D2)
    力は伝えやすいが割れやすい
  • わからん手元品(B)
    手元材料で作る (厚さがあり大きい=丈夫で力が入る)
    断面の赤色は 徐々に薄くするための加工 目印



薄いカードを除き “厚み”を加工する
★3 爪の位置

画像


爪の位置・数は分解の参考にして下さい


〜〜〜爪の数〜〜〜
・左側(6こ),右側(6こ),脚側(2こ),頭側(2こ)
・対照的に配置されてる(写真A)


〜〜〜隅の位置〜〜〜
(左写真B)を参照


〜〜〜深さの位置〜〜〜
“道具パン”の差込の高さで知る(左写真C)

a;半分 爪にあたっている
b;爪にあたっている高さ
c;(爪が外れて)ケースにあたっている高さ
★4 開き方の豆情報

画像


  • リモコンの文字盤は内側に反っています
    (写真A)

  • 爪を外すと文字盤を平坦にできます
    (上方向に 文字盤を引いたとき)

  • 下ケースは横方向に少し“歪ませ”やすい
       左右の壁が拡がる方向
    枠でないため少しの変形ができる
    (“t” の隙間がある 写真C)


黄色矢印は爪の位置です

部位説明; 頭側とは;電源ボタン側、 脚側とは;ロゴ側 とします

★5 開き方のポイント


画像



〜〜〜左側・右側〜〜〜
  • “道具パン”を勘合部へ挿入
    矢印部分から挿入する(写真A)

  • 道具パンの持つ位置
      出来るだけ下側を持つ
    隙間への差込時、“道具パン”を折りました
    隙間への差込時、“道具パン”を曲げました


  • 爪外しは
    “道具パン”を下方向に強く押し込む
    爪が外れないとき
     下ケースを開く方向にも 力を加える


〜〜〜頭側と脚側〜〜〜
(ここでは 例として 頭側の爪を外します)
  1. リモコン左側へ“道具パン”を挿入する
  2. “道具パン”を頭側へスライドする
  3. “道具パン”を下方向に強く押し込む
    爪が外れた画像(写真B)
  4. (“道具パン”を外したとき)(写真C)

  5. (頭側に隙間が出来ます)⇒
    その隙間に道具パンを差し込む⇒
    スライドさせる⇒
    頭側の爪が外れる
    爪が外れないとき
     下ケースを開く方向にも 力を加える


    スライド作業はユックリ行う⇒道具パンが外れやすい
  6. 脚側も同じ方法で外れます(確認済み)

★6 初めての分解作業


このブログで最初に開けた方法です
(NG作業があります)

画像

 

画像



(★5写真A)
・リモコン左側に“道具パン”を差し込む
 左側の方が隙間有り(○印)
 道具パンが差し込めた確率;3/10回


・2回目以降の開封で
“道具パン”を差し込む位置はボタン部分から挿入(矢印)ボタンの変形に注意
6-1 “道具パン”を差し込む(写真A) 
  1. 左側に“道具パン”を差し込む
  2. “道具パン”を2枚差し込む
  3. 1枚は頭側(左上)、1枚は脚側(左下)へ スライドさせる
    スライド作業はユックリ行う⇒外しやすいです
  4. 3枚目を差し込み 爪を外す(6箇所)

“道具パン”1枚より多数は作業が楽?お好みで
6-2 “道具パン”をシートに変える(写真B)
・シートを差し込む
  誤って 爪が元に戻らない対策
   (慣れたら不要な作業?)

小道具を 多数 組み合わせ 爪を外してください

6-3 右側の爪も外す(写真C)
・右側に“道具パン”を差し込む
・爪を6箇所外す

左右の爪が全部外れたとき
表示盤を少しでも 上へ引き上げる

6-4 脚側の爪を外す
・脚側の隙間に“道具パン”を差し込む
・スライドさせて 爪を外す
・(出来ないとき)
 裏に返して孔にドライバーを入れて押す
 (写真D)
・爪を外す
6-5 脚側の爪を外す(写真E)
  • ドライバーを入れ押したとき
     隙間が出来るので“道具パン”を差し込む
  • “道具パン”をスライドさせて爪を外す
  • 外れないとき
    内部の隙間にドライバー入れて開ける(内部に傷が付く)
6-6  頭側の爪を外す(写真F)⇒この方法はNGです
・表示盤の脚部を左右に振らしながら外す
・外れないとき強めに外す

2回目、爪の一部を欠く
★7 基板を分解する
画像


〜〜ビスを外し基板を分離〜〜


・精密ドライバー“+” でビスを外す

・基板が外せ 修理が出来ます
★8 次回、開封時の準備

画像


〜〜再度の分解を容易にするため〜〜


下ケースを削る(隙間を作る 頭側・脚側)
リモコン下ケースを加工して(写真○印)
小道具が入りやすいようにする


2回目分解時 頭側の爪を半分欠きました
その対策です

★9 小道具作成(加工)

画像

食パン袋留め具(=道具パン)右 断面図

小道具の加工

・隙間へ挿入する部分を薄くする
・カッターナイフでカットする

・薄くする部分が広い と変形しやすい
・薄くしないと 挿入しづらい (相反する)
   (角度は試して見つける=カット&トライ)



VDR-R2000リモコンの内部観察と処置 ブログ; http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_1.html
リモコンの内部をもっと比較; http://1ppo2ho.at.webry.info/201510/article_2.htm




 気が付きいろいろ 
  • メーカのオンラインストアでリモコン購入金額を見ました (¥3000円/登録時)

  • 時々 作業後 小さな破片を見つけます(2回)
    どこか 壊しています

  • リモコン設定がリセットされます
    再度設定をお忘れなく

  • 作業が 上手く出来ないとき 不要な力が入ります ボタンに注意

  • 分解後 再組み立で 不具合が起こったこと(再々組み立てで自然に直った)
    ・乾電池が入らなかった
    ・十字キーと周辺キーの クリック感が 全くなかった





 思ったこと 

  1. 地デジ放送開始後 購入したものです 故障するのが早いと感じ
    これから もっと出てくると予感します

  2. リモコン操作後 本体側の受信時ランプが点滅しないため
    リモコンから信号が出ていないと 判断します




●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウエブリブログ枠の設定・修正メモ

2015/08/27 13:43
1コラムで枠を広げる
忘れ防止でブログに保存する2015/09/06



ーーーCSS/margin:auto padding:15px width:680px
ーーータグ;width:指定なし 背景色pink・padding/0 margin: autoーーー

★1 width: 615px ;border: 1px
★2 width: 630px ;border: 1px
★3 margin-left: -30px; width: 680px ;border: 1px
★4 margin-left: -30px; width: 675px ;border: 1px
★5 margin-left: -45px; width: 700px ;border: 1px
−−−−−
★6 width: 688px ;border: 1px
★7 width: 700px ;border: 1px margin:0px

★8 width: 680px ;border: 1px
● margin: auto width: auto ;border: 1px
−−−−−
★10 margin-left: -15px width: 720px ;border: 1px text-align: center
★11 margin-left: -25px center width: 740px ;border: 1px

★12 margin-left: -15px width: 705px ;border: 1px 


★13 width:100%; border: 2px solid green; padding:auto ;margin:auto;

width: 680px幅指定 ;border: 2pxの枠内  テーブル margin:auto
★1 写真  width="330px"● 文章 枠指定"tao1"赤枠
★2


★3  左;330px 設定● 文章  右width設定なし
★4 テーブル枠指定"tao1"
画像

参考
設定時で便利なもの
背景色を設定する
枠線borderを設定する

★5
写真
画像

● 文章  width="330px"
画像

●6左
 
●記事編集画面の重なり
原因・解決方法 不明


ーーーーーーーーーー
★7■   width="330px" 全体tao1指定
画像
●■ width="330px"
画像
★8■●■

ーーーーーーーーーーーーーー
★1class="tao1"cellpadding="0" align="center"
cellspacing="0"
●style="padding:10px; margin:auto; border: 1px solid red;"
★2●あああ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
幅関係のCSS
   #container/width:740px;
   #contents/width:720px;padding: 0px;margin-left:auto; margin-right:auto;
   #blog/指定なし
   #blog-body/width:680px; background-color: #ffffff;padding: 10px 15px 10px 15px ;margin-left:auto; margin-right:auto;

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


温水便座 /CH794 /National “ノズルが動かない” “ノズルが出ない”の修理

2015/08/24 11:06


温水便座 /CH794 /National “ノズルが動かない”の修理



約6年 使用した温水便座は “ノズルが動かない”の不具合がでた

修理後
ノズルの動作は直りましたが 時々“シャワーが出ない”が残ってます




 チョコット 
修理は “電気”と“水”関係の製品のため 戸惑っています
また 修理中
部分掃除後 効果を見る動作確認には 設置時間がかかり 面倒と感じます
   このブログで分解の仕方や不良原因などが 参考になればと思います



 あらまし 
“ノズルが動かない”の不具合は、
毎日 少しづつ頻度が増えて 2週間?後に止まった と感じています

この現象の ノズルを掃除・修理してみました


概 要
  1. 製品名;  温水洗浄便座 /CH794 /National
  2. 主な使用条件;  約6年前購入/4人 /お手入れ殆どせず
  3. 初期症状;
    • 時々 ノズルが出ない/約2週間
    • 時々 温水が出ない(再度ボタンを押すと正常動作)

  4. 不具合現象;
    • ノズルが出ない
    • 電源ランプが点滅(0.5/0.5sec?)


 ノズルの動きを直す 



分解は自己責任でお願いします
★2 外観
画像
現物 外観
★3 構成部品
画像
本体/リモコン/人体センサー
★4 ノズルの概要
画像

ノズルはステンレス製で 2本あるタイプです



ノズルの動作は 通常、使用後

 ・ノズル2本は 自動的に洗浄されます
 ・ノズルは 交互に可動します(左画像)

★5 分解手順

画像
一般的な分解手順です
・(元栓を締める)
・(バケツ/雑巾を準備する)


  1. 止水栓を締める(A)
  2. (水抜きをする)←未実施でビショビショとなる
  3. 電源プラグを外す(E)
  4. 給水ホースを外す(F) (水が垂れます)
  5. 配管接続部でホース固定(H)の
    • クリップキャップを外す
    • クリップを外す
  6. 本体を外す
  7. 便ふたを外す(G)
  8. 底板部を分解する
  9. 内部を掃除する
  10. ノズルを掃除する
  11. 組み立てる


★6 本体の分解・取外しの“注意”
画像


温水便座や取付の条件で違います


基本的に
本体の取外しは 取扱説明書に従ってください
(サイト検索で類似品番でも判る時があります)


このブログでは
止水栓の位置は写っていません
(ホースの下です)


分解 前後は カメラなどの記録をお勧めします
★7 底面
画像

本体の底面を点検する
(説明書に従って取外す)


想像以上の汚れデス


(丸印は固定部分です=4箇所)
★8 底面部(仮名称)を外す
画像

1,マイナスドライバー(矢印)を隙間に入れる
2, 緑○部分を1箇所づつ コジリ 爪を外す
3, 2箇所外すと “片側の辺”が外せる
4, 写真下Hのように 分解する



(○印は固定形状で色分けしています)
★9 内部の汚れ具合をみる
画像

汚れ具合を点検します


(写真左)底面部を取り出した状態

・おしり洗浄ノズル 「A」
・ビデ洗浄ノズル  「B」
   (点線で配置を示す)


・コネクタ「J」を外しています
★10 ノズルの汚れ具合をみる
画像

ノズルの周辺を掃除します
  ノズルがスライドする部分と 
   見え難い部分をキレイにする
  (歯ブラシ・ウエス・綿棒など)


・おしり洗浄ノズル 「A」
・ビデ洗浄ノズル  「B」
(点線で配置を示す)
★11
おしり洗浄/ビデ洗浄ノズルの引き出し
   ノズル出ない は カルキが付着

画像


ノズルの “M”地点 を外側へ押すと
ノズルが可動(スライド)します


ノズル “M”地点の“可動力”を記憶する
掃除前後で初期駆動・可動力を感覚で比較する(効果をはかる)


ノズルをスライドしたとき 接触面の汚れ/可動チューブの接触具合をチェックする

ノズルに付着したカルキを掃除する
(写真で白い部分)

ノズルを約50回スライドさせる
(ノズルを馴染ませる 効果不明)

◆掃除後 “可動力”はスムースになる



(左画像)
・ おしり洗浄ノズル 「A」は格納されている
    (点線で配置を示す)
・ ビデ洗浄ノズル  「B」は出ている
★12 ノズルの裏側
画像

ノズルの下側の汚れを点検する

カルキの付着はほとんどなし


溝(N印)内に多数のギザギザがある
(ノズルの洗浄位置の調整用か)
★13 カルキを削る小道具
画像


ノズルのカルキを全て落とす


ノズルを傷つけない(カルキは落ち難い)
・塩ビ系の角
・硬い樹脂の角

ノズルを傷つけやすいが容易に削れる
・マイナス ドライバーの角

カルキをキレイに落とすとノズルは出るようになりました
時々 出ないときは 再度 カルキの付着を確認ください
(廃棄覚悟するときは オイルを塗布して みてください)



 修理後の症状  (1週間の様子)

  1. 電源投入後 初回は正常動作する
  2. 2回目以降 動作しないときがある

  3. ノズルが勢い良く出て 引っ込む時がある
  4. 放水されない時がある

  5. ボタンの長押しで動作する(気がする=不安定)



 原因を推定してみる  (モータ初期起動力の低下?を除く)

  1. 掃除をしていない
    (カルキの付着に対するお手入れが必要)

  2. 電源ランプが点滅しているのは
    作業が未完了状態と推定する
    (電気回路が“リセット”されていない状態か)

  3. 基板の裏表の汚れ状態を未確認でした
    又は電気的な検出回路か

  4. お手入れしても眼の届かない部分がある?
    汚れた部分がまだ残っており その影響か
      例;内部の電気回路は コネクタの使用数が多い
      (複数回着脱して接触を良くする=未確認)

 




 リモコン電池の消耗のチェック 
・ リモコンのランプが点灯していれば リモコンの電池OK

・ リモコンボタンを押したとき 本体側の電源ランプが 瞬間 消えます
  信号を受信したためで リモコン電池OK




 思ったこと 

  1. 他の電気製品と比較すると 寿命が短いと感じています

  2. 徐々に 不良になっていく 現象でした
    このため 機械の汚れと推定していましたが 完全修理となりませんでした

  3. 修理の情報が少ないため 安全を見て 買い換えました
    当然 メーカを変えてます

  4. 汚れ具合と掃除程度の点検でしたが 早めに判断しました




●●●●●   END
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


マルチディスプレイで “TV側 から音声が出ない” が 出た!デル製Win7のノートPC

2015/08/08 07:04


マルチディスプレイで “TV側 から音声が出ない” が 出た!
デル製Win7のノートPC



いろいろ試している内に ある条件で パソコンを再起動してみたら

ミュートアイコンが消えて 正常に動作した




 ちょこっと 
設定j時 クリックしたとき 画像「ミュートアイコン」は 一瞬消えるが
マウスを他の画面ポイントでクリックする と又 表示される

結果として設定が出来ない状態であった
  音が 出ていなかった 一例です。参考程度に見てください



 概 要 
マルチディスプレイで TVから 音が出ていない のは “異常”と知りました

音声出力の設定を「チェック」しまくりました


内容
・パソコン/Win7/マルチディスプレイ/音量ミキサー
  (パソコン;デル製、TV;panasonic製)
・“異常”とは 設定を変更しても 直ぐに元に戻る TV側の 画像「ミュートアイコン」 です

音が出るまで

★1 マルチ画面の接続条件
画像


接続後の動作は全て正常で動作
・パソコンはTVを認識している



・TVとHDMIケーブルは動作確認済みを使用
  (例;録画機接続で音が出る状態)


★2 サウンド/音量の表示

音量 画面が 次のようにあります

2−1;サウンド
画像


2−2;音量ミキサー(既定のデバイスはTV)
画像


2−3;Windowsモビリティセンター
画像


2−4;IDTコントローラ
画像


2−5;TVのプロパティ
画像


・・・●画面の表示方法は一例です・・・
 


「サウンド」画面の表示
  表示方法⇒コントロールパネル⇒サウンド


「サウンド」は“出力”先の選択画面です

・“出力”先は 「既定のデバイス」 と表示
  ここではTVを選択
   TVを選択⇒(緑レ表示)⇒「規定値のデバイス」⇒OK


・出力の選択は複数出来ない
・右側はレベルメータになっている




「音量ミキサー」画面の表示
  ・・表示方法
    タスクバーの「音量アイコン」⇒右クリック⇒
    (メニューが表示)⇒「音量ミキサーを開く」

  ・・タスクバーに「音量アイコン」がないとき⇒★4へ




音量ミキサーの操作
・音量の可変
   左側はマスターボリューム
・ミュートのON/OFF



「Windowsモビリティセンター」画面の表示
  表示方法⇒
  「コンとロースパネル」⇒「Windowsモビリティセンター」



Windowsモビリティセンターの操作
・音量の可変
・ミュートのON/OFF
・レベルを表示

設定の「既定のデバイス」が表示される



「IDTコントローラ」画面の表示
  表示方法⇒
  「コンとロースパネル」⇒「IDTコントローラ」



IDTコントローラ(は未使用・未経験アプリ)・音量の可変
・ミュートのON/OFF



「TVのプロパティ」画面の表示
  表示方法⇒
  コントロールパネル⇒サウンド⇒TVを選択⇒クリック
  ⇒「TVのプロパティ」画面⇒「レベル」タグ をクリック



TVのプロパティ「レベル」の操作
・音量の可変
・ミュートのON/OFF

(マルチディスプレイ時パソコンがTVを認識)


★3 サウンド画面 (既定のデバイスはスピーカ)
画像


(左画像)
・マルチディスプレイ接続 済みで
  パソコン側の「スピーカ」出力が出る状態


ケーブル 未接続は
  「TV」のアイコンが表示されない

★4 タスクバーの「音量」アイコン

画像

画像

画像


タスクバーに音量アイコンを表示させる
  (隠れているインジケーターを表示します)

方法1;
「隠れているインジケーターを表示します」表示する
△にマウスをあわせる(画像A)⇒クリック⇒
「カスタマイズ」(画像B)をクリック⇒

「通知領域アイコン」画面が表示⇒
「システム アイコンのオン/オフ」(画像C)⇒クリック⇒

「音量」の動作 「オフ」⇒「オン」 にする⇒OK⇒

「通知領域アイコン」画面が表示⇒
「音量」アイコン(右側の設定)⇒「アイコンと通知を表示」を選択




方法2;
通知領域の「時計」を右クリック⇒
「通知アイコンのカスタマイズ」をクリック⇒
「通知領域アイコン」画面が表示⇒

 以降 方法1と同じ

★5 音量ミキサー

パソコンが「既定のデバイス」のとき
画像


TVが「既定のデバイス」のとき
画像



・左端はマスターボリュームです
・スライダーを動かすと全てが変化します

・また “ミュート”が解除されます

・スピーカアイコン(下部)をクリックすると
  ミュートが オン⇔オフ と変化します




設定が“変化した”とき(音が出た)
  1. 「既定のデバイス」はTV
  2. スライダーを動かす
    と“ミュート”が解除される(左画像)
  3. (“ミュート”アイコンが消えた直後)
    PCを再起動


音が出た!!!




 思ったこと 

  1. 初期状態に戻す 復元にトライしましたが 戻れませんでした
    今は正常に動作しています(原因はわかません)

  2. マルチディスプレイでTVから音が出ないのは 当初 別配線と思っていました
    HDMIケーブルは音声も含まれているのを知り 音出しをトライしました

  3. この現象はWin7(ソフト)かパソコン(ハード)か良くわかりませんが
    購入後 いろいろ問題があります

    これが ”パソコン” ですかネ





●●●●●   END
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

3歩/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる