3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 中高年、 自転車ライトの修理

<<   作成日時 : 2010/11/05 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1



自転車ライト(ランプ)が消えた
ライトの接触不良 修理


自転車のランプの灯りが 
点いたり消えたりした後 完全に消えた
症状の 自転車を修理しました


【 まえがき 】

郊外に住むものにとって、日常 自転車は、必需品の一つです。
当然 時と共に 自転車は、故障していきます

故障自転車を お店で修理しますが 
最近は安くできますので ありがたい事です

しかし 自分で修理するのは、結構 楽しいです

自転車の故障は、故障箇所が すべて 目で見えるため 
“修理”としては、易しい部類と 思います



【 故障自転車 】


日常使用している ママチャリ 自転車 10年

症状
ランプが消えた
消える前は、消えたり 点いたり していた 

画像




【 構 造 】
(おことわり; 部品名称は、便宜上 付けたもので 正規では、ありません
また 構造は、自転車により 異なります)
画像
ランプ点灯の仕組み


発電機からランプまで
ビニル線 1本で接続

接触箇所は3箇所;
B・C・D
画像

爪の構造
画像

画像
ランプケース(図左)

照明ASSY(右側)
の分解





1、照明ASSYの外し方

Aを押して
Bを手前に引きます

分解構造は、自転車で異なります
(例;ビス・嵌め込み式など)


2、ランプの外し方


白のランプソケットを引き出します(圧入方式)

ランプASSYからランプを回転させて
外します(ネジ式)
画像

画像

画像
発電機の端子
の構造



茶色;電気端子
緑色;上下に可動してロックするタイプ

樹脂のバネ性を利用してビニル線をロックする構造


【 修理 】

 不具合確認 
  • ランプの点灯 有無をチェックする
    自転車の前輪を片手で持ち上げ 他の手で 前輪を強く廻す
    (正常時)瞬間的にランプが点灯します

 その他確認事項 (イラスト“仕組み”のA・B・C)
  • 発電機が回転しているか  確認する
  • 発電機の端子は、線が外れていないか
    自転車を倒すと 良く判ります
  • ランプが切れていないか
  • ランプと黄銅端子 の接触は、問題ないか


 確認結果 (チェック後 確認できたこと)
  • 発電機端子と接続する ビニル線が簡単に外れた
  • 発電機端子が汚れていた
  • ビニル線材の端子部分が汚れていた
  • ランプは切れていない
  • 黄銅端子(黄銅板)とランプ の接触を チェック


 今回の対策 
次の対策で正常になりました
  • ビニル線の端子 を磨
    パンク修理で使用する 紙やすりを使用
         
    画像


  • 発電機下の端子 の磨き
    穴が小さく 上手く 磨けなかった
    (作業後の案)針金などを 穴に通して針金を摺って磨く

  • 黄銅端子の接触面を磨く
    マイナスドラーバーの先端部で磨いた

    注意 
    端子を折らないこと(板の折曲げ部分へ 力を加えない配慮)
    端子の後ろ側を 指で支える
        
    画像
    ランプ接触部も磨く


  • 黄銅端子とランプを確実に接触させる(接触が不安の方)
    黄銅端子の中央部を手で 曲げる
    折れやすいため 作業注意

  • 発電機下の端子 線材止めを確実に 止める
    (材料のバネ性が弱く、端子の汚れ・錆びで戻らないときがあります)



【 ランプ切れ確認方法  】(案も含む)(参考項目)

  • 直接フィラメントを見る

  • ランプ内のスペアランプと交換する

  • 買い置きランプと交換

  • 隣の自転車のランプを一時借用する ただし 取り付けられること

  • 乾電池を使用する(未経験)

  • 懐中電灯を利用する(未経験)

  • テスターでチェックする



【 過去の経験  】(参考項目)
“ランプが点灯しない” この作業で 過去に経験した内容です
  • ランプ切れ
    “ランプ”のフィラメント切れが一番多いです
    不具合品を持って 同じ表示のランプを購入する

  • 黄銅端子とランプの接触不良
    走っていると 時々 薄暗くなる
    黄銅端子とランプの両方 接触部分を磨く

  • 発電機の傾き 
    発電機の回転部がタイヤに当たっても発電しないほどの傾き
    (駐輪場でぶつけられたため 発電機が大きく傾いた)

  • 黄銅端子の磨き作業 時 黄銅端子の折れ
    簡単に折れます 要注意

  • 照明ASSYの分解時 ケースの爪破壊
    自転車により 構造が違います
    (爪構造が違っていた)



【 あとがき 】

  • 故障状況・構造・仕組みなど 把握できると 修理しやすいです
    また 不具合状況をできるだけ知ることも 重要です

  • 構造を把握する
    インターネットで調べる
    お店で 同一構造のものを探し 説明書をみる など

  • 不具合内容を 再現する
    人により 不具合説明の 表現が違う ためです

  • 自転車のトラブルは いままで 、パンクをはじめ いろいろ経験しました
    今後は 経験ごとに ブログをして いこうと思います


●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
丁寧で修理してみる気になるページです、産まれて始めてライトの修理してみました!2日かけて一つ一つ頑張ってみたら出来ました!直りました!感謝です!!

よっち
2014/04/11 16:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中高年、 自転車ライトの修理 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる