3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS ロジクール製 K260ワイヤレス・キーボードにスイッチを付ける

<<   作成日時 : 2012/08/16 07:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0



ワイヤレス・キーボードにスイッチを付ける



入手したスイッチの中で 小さなものを

キーボードへ取り付けてみました




【 まえがき 】
キーボードの乾電池消耗を少なくする ため 
キーボード内部の限られたスペースに 電源スイッチを付けます



分解方法は、前ブログ; http://1ppo2ho.at.webry.info/201208/article_2.html

【 取付 】
取り付けるキーボード
 メーカと品番; ロジクール製 K260
 (ワイヤレスコンボ;MK260のキーボード)


スイッチの取り付けは
・どのような小さなスイッチが手に入るか
・そのスイッチの固定方法は

以上が大きな問題と考えます


このブログは、現品を見ながら 次のように 作っています
画像画像

横から見た図

スイッチ外観


端子が横から出ている
★2
画像

キーボードのスイッチ取付場所


基板とケース間の寸法は、6ミリ

取付スイッチ高さは、7ミリで1ミリ大きい
(基板が1ミリ浮き上がる)
★3
画像

基板の裏側
大きな部品(2点)あり


この間に配置する
★4
画像

スイッチのツマミ可動域は、1.8ミリで 面積は 3ミリ×4.8ミリ です


可動面積より
少し内側に小さな孔を開ける
(φ1.2・4個以上)

多数開けてニッパで刻む

★5
画像

可動面積+0.3ミリの大きさまで ヤスリで削る


丁寧に開けるため時間がかかります
★6
画像

既存配線の途中をカットする

既存配線と追加線材を半田付けする
追加線材とスイッチも半田付けする




追加線材も赤色です
★7
画像

半田付け部は
絶縁テープを巻いて保護しま



絶縁テープの色は、黒のため写真は見にくいです
★8
画像

断面図

スイッチ取付イメージ(断面図)


・スイッチと基板のアタりで基板が浮き上がる対策
1ミリ厚さの紙(P)をスペーサとして追加する

上ケースとスイッチはアロンアルファ(A・100円均一)で接着。
スイッチは接着効果なし

接着剤の固形物は一方向に対しスベリ止めの効果があり

上下方向は、基板と上ケースの圧着で
スイッチが固定されている


★9
画像

完成写真


キーボードのデザインに溶け込んだ
スイッチのツマミ





【 あとがき 】
  1. 内部の基板は、純正のスイッチが取付くデザインになっています(サイズが小さい)

  2. 困難な作業は、スイッチのツマミを通す孔あけです
    見栄え良くするには、 長方形で凸凹部分を作らないことでした

  3. 切換スイッチを使用し 電源OFFにすると 電池の消耗期間は、単純計算で 10倍になっても良いが  どうなりますか???

  4. キートップの分解は、
    小さいもの・2個を外しただけで 全部を外していません
    キートップの裏面から “鉛筆の頭”で押すと簡単に抜けました。
    参考まで


マウスに スイッチを付ける ブログ;
 “ロジクール製(MK260)ワイヤレス・光学マウスを分解して 電源スイッチをつける”
 http://1ppo2ho.at.webry.info/201204/article_2.html


●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中高年 ロジクール製 K260/ワイヤレス・キーボードの分解
ワイヤレスキーボードの分解 ...続きを見る
3歩
2012/08/17 08:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロジクール製 K260ワイヤレス・キーボードにスイッチを付ける 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる