3歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 押しやすい「キー」に “IME/ON=日本語入力”  IME/OFFを追加する

<<   作成日時 : 2015/04/08 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



押しやすい「キー」に “IME/ON=日本語入力” を追加する



パソコンのキー入力で“常に日本語”は出来ないが
“設定”キーを 押した後は “常に日本語”ができます

日本語入力で“間違えてイライラ感”が出るのを防ぎます




 ちょっぴり 
徐々に慣れてくるとこの方法が有効と 判ってきます
また 「言語バー」を非表示に出来るとおもいます
パソコン設定の有効な一つと感じましたので紹介します



 IMEキーの追加設定 

パソコンのキー入力は いつも不満を持っています 
実際 キー入力後 アルファベット文字を見る と ”また失敗したか”と 思いイライラします

これを軽減するパソコンの”設定”を知りました
ホームポジションで親指範囲内に IMEキーを追加する方法です

  設定も簡単 戻すのも簡単 です


メリット
  1. 見難い 右下にある 言語バーのIME入力アイコンを見なくて良い
    (眼が疲れない)
  2. 入力中、IME入力モードを忘れても モードを眼で確認しなくても良い

  3. 入力中、日本語入力をミスしても モードを眼で確認しなくても良い
    入力文章から 眼を離さなくて良いため 作業ロスが少ない
  4. 日本語入力するとき  左手でIME/ON、右手でIME/OFF  の設定で
    ホームポジション範囲内で操作しやすい

  5. 右手で マウス操作して アプリを起動させる間 
    直ちに 遊んでいる 左手で IME/ON=日本語入力 にする

  6. キーの押下は 連打でもOK(ONとOFFの切替でない

  7. 両手の親指で キータッチできる 配置キーのため疲れない また直ぐ実践可能
  8. 慣れれば慣れるほどイライラ感が無くなります(不便さの解消)

  9. 全ての管理しているパソコンを設定すると 効果が期待できます
    OSのXP、WIN7で設定が できています


デメリット
  1. ”無変換キー””変換キー”の機能が変わる
    (使用してなかった人は、便利に感じます)
  2. 常に余分な”キー”操作が増えます?
    (ただし ”無意識の操作”のため 心身とも影響が少ない)



設定方法
  1. 日本語入力(IME/ON・OFF)キーを新たに設けて固定する
  2. ベースポジションで親指近くの押しやすいキー
      無変換キー  ⇒  IME/ON
      変 換キー  ⇒  IME/OFF

      (ここでは 通常と 逆に配置してます)


WIN7で ”無変換”キーと”変換”キーに、入力モード機能を設定する方法
     注)この設定で従来の機能は失われます
★1
画像


・言語バーの [ツール] をクリックし、

・[プロパティ] をクリックします
★2
画像


[Microsoft IME プロパティ] が表示されます。


・[編集操作] タブをクリックし、

・[変更] をクリックします
★3
画像


[Microsoft IME 詳細プロパティ] が表示されます。

キーの割り当てを設定します
・[キー設定] タブをクリックします。

・下へスクロールします
・キー項目の”無変換”を探します
・キー項目の”変換”を確認します


★4
画像


・無変換キーの 右枠 [かな切替] をクリックします

・変更をクリック
★5
画像


 キーに割り当てる機能を選択します 
  [機能選択] が表示されたら、


・右へスクロールして IMEオンを見つけます
・”IMEオン”をクリックします。
・次に、[OK] をクリックします。


★6
画像


同様に
・”変換”の右”再変換”を
  IMEオフ”にする


・変更されているのを確認する
・OKをクリック
★7
画像


[Microsoft IME スタンダードのプロパティ] 表示されます

・[キー設定] ボックスに [ユーザー定義] が選択されていることを確認し、


・[OK] をクリックします


以上で 終了です
★8

既定(設定前)のキーに戻す


・[Microsoft IME スタンダードのプロパティ]を表示します

・[キー設定] の”ユーザー表示▼”
を▼クリック
・ボックスの一覧から [Microsoft IME]
をクリックし
・ [OK] をクリックします






 設定後のキー操作    (使用しているとき 初めて気がついたこと)
画像
右画像はキーボードのボタン配置です



ボタン配列は次のようになっています
1、無変換キーを押した後は⇒ひらがな/日本語
2、変換キーを押した後は⇒半角英数字

3、画像キーを押した後は⇒ひらがな/日本語

1と3は同じ機能のキーとなっています。 2と3の押し間違いに注意!

キーの入力設定(IMEのプロパティ)の設定条件
・ ローマ字入力/かな入力⇒ローマ字入力
・ 初期入力モード⇒ひらがな



【 思ったこと 】

  1. 日本語を入力するとき 必ず「無変換」キーを押すようにしています(個人的な使い方)

  2. 日本語の入力変換には[スペース]キーと[F6]〜[F10]キーを使用しています
    [変換]・[無変換]キーは全く使用していません


  3. この方法はたいへん満足しています
    少しの慣れで 実践ができ 言語バーも不要にできると 思います

  4. 入力ミスを減らそうと 日本語入力できるアプリケーションは設定を 実施しています
    でも 効果が薄く 入力ミスしています

    例えば ブラウザIEやfairefox、エクセルファイルの一部

  5. PCを操作するたびに、起動 直後から日本語入力できるPCが欲しい と感じています
    当然 アプリケーションを起動・変更しても日本語が優先するものです


  6. XPは 優秀なフりーソフトを 利用したので 比較的 快適でした
     しかしWIN7では利用できません  別のフリーソフトを利用していましたが 不十分でした





●●●●●   END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
押しやすい「キー」に “IME/ON=日本語入力”  IME/OFFを追加する 3歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる